リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018年5月27日

ミノキシジル外用薬はリアップのほかになにがある?


日本国内で特に知名度の高いミノキシジル外用薬はリアップのシリーズです。このリアップは現在ではいくつかの種類が発売されており、シリーズ全体の知名度もテレビCMなどによって高くなっています。

しかし、これからミノキシジル外用薬の使用を希望する方の中には、いくつかの種類を比較したいという方も多いかもしれません。ここでは、リアップ以外のミノキシジル外用薬をいくつか挙げご紹介します。

外用薬「リアップ」のミノキシジル含有量は少ない

リアップ以外のミノキシジル外用薬についてご紹介する前に、リアップに含まれるミノキシジルの含有量とその効果について解説します。

リアップの中でも特に高い効果があるとされている「リアップX5プラス」には、ミノキシジルが5%配合されており、この含有量はリアップシリーズの中で最も多くなっています。

それに対し、リアップX5プラス以外の「リアップ」「リアップ プラス」「リアップ ジェット」にはミノキシジルが1%しか含有されていないため、その効果に大きな違いが表れる可能性が高いことは明白です。

ミノキシジル外用薬には、壮年性脱毛症に対する治療効果があることが厚生労働省によって確認されており、このリアップもまた薄毛などの改善効果が期待できます。しかし、国内において市販されているミノキシジル外用薬はリアップシリーズだけであるため、特にドラッグストアなどでは、このリアップシリーズしか選択肢がありません。

そのため、中には市販されていないミノキシジル外用薬を探しているという方もいらっしゃるかもしれません。

リアップシリーズ以外のミノキシジル外用薬

リアップシリーズ以外の市販されているミノキシジル外用薬としては以下のものが挙げられます。

フォリックス

フォリックスはミノキシジル外用薬を専門的に研究し、製品の開発を行うアメリカのポラリス社が開発したミノキシジル外用薬「ポラリス」の後継商品として販売されているミノキシジル外用薬です。

この商品もリアップと同様にシリーズ化がされており、ミノキシジルの含有量が異なる商品が複数販売されています。

また、それらのミノキシジル含有量は2%、5%、7%、12%、15%、16%となっており、日本のリアップシリーズよりも高い効果が期待できます。このうち含有量が2%のものは男女兼用商品となっており、この点もまた日本のリアップとは大きく異なる点といえます。

スペクトラル

スペクトラルはアメリカのニューヨークに本社を置くDSラボラトリーズ社が開発したミノキシジル外用薬です。この商品は、スポイトタイプの器具で塗って使います。ミノキシジルの含有量が2%と5%のものが販売されており、このうち2%のものは女性用商品となっています。

アクタビス

アクタビスはアイスランドに本社を置き、ジェネリック医薬品事業なども展開するアクタビス社が開発したミノキシジル外用薬です。

こちらの商品もまた、ミノキシジルの含有量が2%のものと5%のものが販売されており、その点に関してはリアップと大きな違いはありませんが、一方で保湿成分が含まれているという特徴もあり、副作用による肌質の悪化などを防止することも可能です。

また、こちらの商品は製造を行う会社の規模が大きいだけでなく、ジェネリック医薬品事業などの展開を行っていることも影響し、その販売価格が若干安くなっているというメリットもあります。

カークランド製 ロゲイン

カークランドとは日本でも有名なコストコのプライベートブランドであり、このカークランド製のロゲインは、かつてから高い人気を誇っていた育毛剤「ロゲイン」のジェネリック商品です。この商品はミノキシジル含有量が5%であるだけでなく、ジェネリック医薬品であることから販売価格が安いというメリットもあります。

また、ローションタイプとフォームタイプの2種類が存在するため、使いやすい方を選ぶこともできます。

市販がされていないミノキシジル外用薬の購入方法

以上のように海外の会社が製造を行っているものにまで目を向けるとミノキシジル外用薬はリアップ以外にも数多く存在し、その中にはリアップ以上に多くのミノキシジルを含んでいるものも多く存在します。

しかし、これらの商品は海外で製造・販売が行われているため、日本国内では市販がされておらず、ドラッグストアなどでも購入することはできません。

その一方でこれらのミノキシジル外用薬の中には、量に関して制限が設けられている場合があるものの、個人での輸入は合法となるものがほとんどであるため、自身で海外のサイトから購入をする、または輸入代行業者を利用して購入するといったことも可能です。

ただし、ミノキシジル外用薬の中には高額なものも多く、多くの偽造品が出回っているものもあることから、できるだけ信頼度の高いサイトを利用しなければならないでしょう。

ミノキシジル外用薬を購入する際にはリスクもも考えて!

ここではリアップ以外のミノキシジル外用薬について解説しました。

リアップ以外のミノキシジル外用薬は、日本では市販されていない海外の会社が製造・販売を行っているものが多く存在します。しかし、それらの商品の中には偽物も含まれている場合があるので、購入する際にはリスクがあることも忘れないでおきましょう。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説