リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/05/27

ミノキシジルの添付文書から見る効果と副作用


リアップは薄毛などの対策に効果がある外用薬です。効果がある分、含有成分によっては副作用が生じてしまう可能性もゼロではありません。リアップを使用するにあたり、しっかりと添付されている文書を読み理解することで、正しい使用方法と、どの症状に効果が発揮されるのかがわかります。ここでは、リアップの添付文書から効果や副作用について紹介していきます。

添付文書からみるミノキシジルが対象としている脱毛のタイプとは

リアップの添付文書には、効果があるとされている脱毛や薄毛のタイプが紹介されています。対象としている症状は壮年性脱毛症に限定され、発毛や育毛、抜け毛の進行を予防するものです。

壮年性脱毛症とは、男性脱毛症のうち壮年期に発症するものを壮年性脱毛症と呼ばれています。そもそも、男性脱毛症は、男性ホルモンが毛を作る細胞などに影響を与えてしまい毛が抜けていくというものです。壮年性脱毛症は、男性ホルモンの中のテストステロンがジヒドロテストステロンという成分に変わり、髪の毛を作る毛包に作用してしまうことで、正常に働かなくなってしまうのです。

このような壮年期に起こる男性脱毛症に効果があるとされているのがリアップです。また、対象としている脱毛や薄毛のタイプとしては、頭頂部の薄毛や抜け毛、後退した生え際などがあります。このタイプもリアップの公式サイトに図解で説明があるのですが、それ以上進行してしまった場合だと効果が発揮できない可能性があると示唆されています。

添付文書からみるミノキシジルの使用上の注意事項

リアップに含まれている成分は、発毛や育毛に効果があるとされているミノキシジルです。リアップX5プラスであればこのミノキシジルは5%含まれており、そのほかの添加物として、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエンやリン酸、エタノールが含まれています。

添付文書には、ミノキシジルの働きとして、発毛や育毛の働きや、脱毛の進行を予防すると記載されています。また、注意事項として、してはいけないことに、リアップやリアップに含まれている成分と同じものでアレルギーを起こした経験のある人、女性(リアップX5プラスの場合。ミノキシジル含有量が1%の女性専用の製品を使うこと)、未成年の使用、壮年性脱毛症以外の脱毛症や、原因が不明の脱毛症の人、急激な脱毛や、斑状に抜けている人(壮年性脱毛症以外の脱毛症の可能性が強いため)となっています。

使用前に、医師への相談が必要な人についても書かれており、薬や化粧品などでアレルギーのような症状を発症した経験のある人や高血圧、低血圧の人、心臓や腎臓になんらかの障害がある人、むくみがある人、家族や兄弟などに壮年性脱毛症の人がいない人と記述されています。

リアップでは、血圧や心臓・腎臓に影響を及ぼす可能性があるためこれらの症状がある人は事前に確認が必要となるでしょう。また、使用を続けるとむくみが悪化することも指摘されています。また、壮年性脱毛症の発症には遺伝の要因が大きいと考えられているため、周囲に壮年性脱毛症の人がいない場合はそれ以外の原因である可能性が強いのです。そのほか、高齢者や甲状腺機能障害を持つ人なども、使用前に医師や薬剤師への確認、相談が必要とされています。

添付文書からみるミノキシジルの使用を中止しなくてはならないとき

リアップは、一定の期間が過ぎた場合や、身体に強い影響を及ぼした際には使用を中止しなくてはなりません。期間としては、6ヶ月間使用しても脱毛が減らなかったり、うぶ毛などが生えていなかったりした場合です。

これは、壮年性脱毛症ではない可能性が出てくるので、使用を中止し説明書とともに医師か薬剤師に相談しなくてはいけません。また、6ヶ月以内であっても抜け毛の状態が悪化した場合や、頭以外の部位の脱毛が認められたときも同様です。

何かしら身体に影響がある場合とされるのは、塗布した部位の発疹やかゆみ、フケやかぶれなどの症状や、熱く感じる、頭痛や気が遠くなる、めまいです。そのほかには、胸痛や心拍数が早くなる、原因不明の急な体重増加や手足のむくみがあげられます。これらの症状が発現した場合は、副作用の可能性があるため、使用を中止して、医師や薬剤師への相談をすすめています。

また、使用の注意としては、髪の毛が成長するまでには時間がかかるため、副作用などが出ない場合は、少なくても4ヶ月は使用を続けるようにと記載されています。

添付文書からみる用法や容量について

用法は必ず守らなくてはなりません。それ以上の量を塗布したからといって、効果が増加するわけではないのです。逆に副作用を強めてしまう恐れがあるので、用法などをしっかりと守って使用するようにしてください。

20歳以上の成人男性が一日2回、1回1mlを脱毛している部分に塗ります。広範囲だからといってそれ以上の塗布はせずに、その量を全体に行きわたらせるように塗り広げます。この量は広範囲でも塗り広げれば問題なく使用できる量とされているので、必ず守りましょう。容器自体が1mlを計量できるものになっているので、わかりやすいです。

ミノキシジルの添付文書をよく読んで正しく使用することが大切

ここではリアップの添付文書をもとに効果や副作用について解説してきました。用法や容量をよく守り、正しい期間使用することにより、効果を実感できるのではないでしょうか。また、これらの添付文書は大正製薬の公式ホームページ内にある製品情報から確認ができます。事前に見ておきたいという方はこのホームページを参考にしてください。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説