リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018年6月27日

ミノキシジルタブレットは効果も副作用も絶大?その特徴を徹底検証


抜け毛防止や薄毛の改善が期待できるミノキシジル。日本の市販発毛剤では「リアップ」シリーズのみに配合されている成分ですが、内服薬になっている『ミノキシジルタブレット』についてご存じでしょうか。この記事ではミノキシジルタブレットの効果やその副作用についてご紹介します。

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルとは、もともと高血圧治療に使われてきた薬に配合されている成分で、副作用として増毛があげられたことから研究がはじまりました。

その結果頭皮の血流が改善することで発毛が促進され、薄毛の改善が期待できると分かり、発毛剤の成分のひとつとして配合されるようになったのがミノキシジルの歴史です。

日本製の市販品では2018年6月現在リアップのみに配合されており、直接頭皮に塗布する外用薬のみです。

一方「ミノキシジルタブレット」は内服薬で、「ミノタブ」と略して呼ばれることも多いようです。
ミノキシジルの市販では外用薬としてしか認められていない日本においては、「ミノタブ」をクリニックや個人輸入で入手する場合が多いでしょう。

ミノキシジルタブレットの効果は?

ミノキシジルタブレットを服用したからといって、すぐに効果が見られるものではありません。髪の毛にはサイクルがあり、生え変わるスピードや髪が伸びるスピードには影響しないからです。

そのため、一般的には4~6カ月ほどで、いままで毛が生えていなかったところに毛が生えるなどの効果を実感する人が多いと言われています。

抜け毛や薄毛の原因は、髪を生やしたり伸ばしたりする「毛乳頭細胞」が正しく働かず、ヘアサイクルを乱してしまうため。ミノキシジルはその乱れたヘアサイクルに直接アプローチして正常にする作用があります。そのためすでに毛根がない人、毛根がない部分には効果を発揮できません。

まだ毛根はあるけれど毛が弱く細い部分は、服用してから2週間ほどは生え変わりのサイクルで抜け毛が増えてしまうこともあるようです。しかし、それ以降は正しいヘアサイクルの中で新しい毛が生えるという仕組みなので安心してください。

また、細く弱かった毛にハリ・コシが出て毛が強くなったことで、全体的な髪のボリュームが増えたように感じる人もいるようです。

特に効果を実感できる部分としては、頭頂部があげられます。頭頂部の薄毛は、毛を生やすために必要な毛母細胞の栄養が不足していることが原因。ミノキシジルタブレットを服用することで栄養分がいきわたるようになるため、特に頭頂部で発毛を実感できるようです。

それでは、ミノキシジルを頭皮に貼付するのと、内服するのではどちらの方が効果を感じることができるのでしょうか。

育毛剤は薄毛や抜け毛が気になるところに直接貼付するため、ほかの部分には影響しないと考えられていますが、内服薬は成分が体中に広がるため頭皮以外にも影響があることも。
ミノキシジルタブレットを服用した人のなかには体毛が濃くなった、まつげが増えたといったことがあった人もいるようです。

一般的には半年ほどで発毛の効果を実感できるようですが、ミノキシジルタブレットの服用を続ける場合には専門の病院で診察をうけ、医師の監修のもと服用してくださいね。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットは発毛が期待できる内服薬ですが、副作用の可能性もあります。

もともとは高血圧に使われる薬であり血管拡張剤であるため、同じような薬を飲んでいる人は注意が必要です。また人によっては動機や息切れを感じたり、不整脈の症状が出たりする人も。
男性ではふだん感じづらい身体のむくみを訴える人もいるようです。
服用している薬や通院中の病気、既往症があれば、必ず医師へ相談の上で使用しましょう。

治療中でなくとも、ミノキシジルタブレットの服用でアレルギー反応が出て身体かかゆい、吐き気がする、だるいという症状が出た場合にはすぐに服用をやめ、専門の病院で医師の診察をうけてください。

内服することで髪の毛の抜け毛が減ったり、新しく毛が生えてきたりいう効果が見られる一方で、体毛やまつげなど全身の毛が濃くなってしまうという副作用もあるようです。しかし、服用前に比べて少し濃くなったかな?という程度のようなので、突然剛毛になってしまった、ひげの生えるスピードが速くなったなどの心配はしなくてもよいでしょう。

また使用するにあたって、いくつか注意点が挙げられます。
使用してすぐに効果が現れるわけではないという点や、初期には髪の毛が抜けてしまう初期脱毛が起こるという場合です。

初期脱毛の原因は、ヘアサイクルが正常になり新しい髪の毛が古い髪の毛を押し出すためと考えられています。新しい毛が生えている証拠でもあるので、初期脱毛が長引かなければ、ミノキシジルの効果があるといってよいでしょう。

何カ月も抜け毛が増えている状態である、以前より薄くなったなどの症状があれば、必ず医師へ相談してください。

これらの副作用は個人差があるため、服用してみないとどのような症状が出るかはわかりません。副作用が怖い、薄毛がそこまで深刻ではない場合にはミノキシジルに固執する必要はありません。
まずは育毛剤や発毛剤を試してみて様子を見るとよいでしょう。

ミノキシジルタブレットを使うべきではない人

ミノキシジルタブレットは発毛効果が期待できますが、服用を控えたほうがよい人もいます。
それぞれ理由とともに解説しますので該当する場合は医師と相談した上で検討してください。

高血圧の薬を服用している人・低血圧の人

ミノキシジルはもともと高血圧をおさえる薬の成分として使われているもの。そのことから、低血圧の人や、すでに高血圧の薬や降圧剤を服用している人は服用するべきではありません。

もともと肝臓に問題がある人

ミノキシジルだけに限ったことではありませんが、肝臓の弱い人・肝臓に何かしら問題がある人は注意が必要です。
内服薬であるため、肝臓がミノキシジルの成分を分解しようとします。もともと肝臓の悪い人はそれだけ肝臓に負担をかけてしまうことになるため、事前に医師に相談してください。

頭皮がツルツルになってしまった人

頭皮がツルツルである場合、その部分に毛を生やすことがむずかしくなってしまいます。これは毛が抜けたときに毛母細胞が休止期に入ってしまうためです。ミノキシジルは毛母細胞に栄養を送る機能がありますが、毛母細胞が動いていないと毛を生やすことができません。
このような場合は育毛剤や内服薬ではなく植毛が効果的でしょう。

そこまで薄毛が深刻ではない人

内服薬であるため成分は全身に影響を与え、副作用をもたらす場合もあります。そのため、少し薄いかなという程度であれば、市販の外用薬(リアップ)か、薄毛・抜け毛予防として育毛剤を使うほうがよいでしょう。

ミノキシジルタブレットと初期脱毛の関係性

ミノキシジルタブレットの副作用でも触れていますが、ミノキシジルタブレットを服用した際初期脱毛の可能性は否めません。

初期脱毛において、大量の毛が一気に抜け落ちてしまうケースもあるようです。
ミノキシジルタブレットには抜け毛の原因である乱れたヘアサイクルを正す作用があるため、抜け落ちた毛はヘアサイクルが乱れ成長が不十分である髪の毛です。不健康な髪の毛が抜けるので、頭髪や毛髪の状態がよくなければ抜ける本数も増えてしまう可能性があります。
これはミノキシジルの成分が効いているという証拠であるのであまり心配しなくてもよいでしょう。

それでは、初期脱毛はどれくらいから始まってどの程度の期間発生してしまうものなのでしょうか?
早い人であれば飲み始めて2週間程度で初期脱毛が起こり、徐々にその症状が治まってきます。症状の有無や脱毛時期には個人差がありますが2カ月ほどで収まるようです。

しかし健康な毛が抜け落ちてしまう、脱毛があるのに新しい毛が生えてこない、あまりにも脱毛期間が長い、などの場合は初期脱毛ではない可能性も。抜けてよい毛なのか、抜けてはいけない毛なのかの判断基準として、成長がうまくできなかった不健康な髪の毛は、細く短い傾向があります。

初期脱毛ではない毛の可能性がありそうな場合や心配な場合には、処方された医療機関へ早めに相談してください。

初期脱毛は心配すべきでない症状ですが、薄毛の悩みを抱えている人にとってはストレスになってしまうことでしょう。悩みすぎ、抜け毛に対して過敏になりすぎると髪の毛にもよくありません。
ここは仕方がないことだと割り切ってしまうのが一番です。新しく生えてくる毛や頭皮のことを考えて、生活環境を見直すことをおすすめします。

暴飲暴食しないのはもちろんのこと、食事は脂の多いものを控え、バランスのよい食事をとるように工夫を。たばこを吸いすぎない、睡眠時間を十分にとるなどのほか、適度な運動も効果的です。まずは自分でできることからすこしずつ始めてみましょう。

ミノキシジルタブレットの種類

ミノキシジルタブレットにはミノキシジルの含有量が2.5mg、5mg、10mgと3つの種類があります。含有量が多いものほどより強い効果が期待できるようですが、もともとは高血圧の薬として使われているものですので、はじめから安易に含有量が高いものを服用するのは注意が必要です。

はじめて利用する人はまずは2.5mgのものからはじめましょう。早く効果をあげたいと思いがちですが、含有量が少ないもので様子をみて徐々に5mg、10mgとあげていくことをおすすめします。
病院で処方される場合、ミノキシジルタブレットは保険適用外のため100%自己負担です。例ですが商品をご紹介します。

ミノキシジルの含有量が2.5mg

会社名: 米国Mutual Pharmaceutical LLOYD社
価格:  3,800円(1本あたり)
内容量: 1日1錠・100日分

会社名: LLOYD LABORATORIES, INC.社(フィリピン)
価格:  3,400円(1本あたり)
内容量: 1日1錠・100日分

ミノキシジルの含有量が5mg

会社名: T.O.Med Co.Ltd.社(タイ)
価格:  2,200~2,900円(1本あたり)
内容量: 1日1錠・100日分

会社名: LLOYD LABORATORIES, INC.社(フィリピン)
価格:  3,700円(1本あたり)
内容量: 1日1錠・100日分

ミノキシジルの含有量が10mg

会社名: T.O.Med Co.Ltd.社(タイ)
価格:  3,000~3,100円(1本あたり)
内容量: 1日1錠・100日分

会社名: 米国Mutual Pharmaceutical LLOYD社
価格:  5,800円(1本あたり)
内容量: 1日1錠・100日分

会社名: LLOYD LABORATORIES, INC.社(フィリピン)
価格:  4,000円(1本あたり)
内容量: 1日1錠・100日分

ミノキシジルタブレットの購入方法は?通販で購入するには?

ミノキシジルタブレットは日本では認可がおりていないため、ドラッグストアや楽天・Amazonなどのネット購入はできません。
ミノキシジルタブレットを手に入れる方法としては、

1. 専門の病院で処方してもらう
2. 個人輸入する

の2パターンがありますが、ミノキシジルタブレットのメーカーはいくつかあり、病院によっても処方されるものが違います。また、日本製のミノキシジルタブレットはありません。そのためネットで購入する場合は海外から個人輸入する必要があります。

しかし偽物も多くでまわっており、商品の品質の信頼性が低いものも多くあるため、安全に買うためにもサイトや医薬品を厳選するようにしましょう。
粗悪品により健康被害が出ても病院のように対応してもらえなかったり、救済制度の対象にならなかったりする場合もあるので注意が必要です。

一番安全に手に入れるには専門の病院で処方してもらうことであるのは変わりません。当サイトとしては未認可のミノキシジルタブレットの服用を推奨しておりませんので、個人の責任で入手してください。

それではネットで購入する場合、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?どのようにどこで購入したらいいのかわからないという人におすすめの通販サイトや選び方をご紹介します。

信頼できるサイトかどうか判断するには、まず成分鑑定を行っているかどうかを確認しましょう。価格の比較も大事ですが、正規品保証があるなど信頼性を示しているところがよいです。国内の試験検査機関で合格したものしか販売していないというサイトもあります。
薬機法を遵守した販売かどうか、効果・効能を副作用の注意とともに表示しているかどうかもチェックするとよいでしょう。

また、ミノキシジルタブレットは鑑定書付きで正規品を取り扱う通販サイトであるかどうかを確認することで、偽物や粗悪品の購入を防ぐことができます。

ミノキシジルタブレットを購入するのにおすすめのサイト

ミノキシジルタブレットが購入できる通販サイトは「アイドラッグストアー」「お薬なび」「ベストケンコー」や「くすりぴあ」などがおすすめです。

これらの通販サイトは正規品保証が付いているので安心して購入できます。知名度も高いのでトラブルの心配が比較的低いと考えてよいでしょう。海外製品であるため送料については事前に確認してください。

ミノキシジルタブレットの使用量とその飲み方

ミノキシジルタブレットについてご紹介してきましたが、最後に正しい使用量と飲み方について解説します。

ミノキシジルタブレットには、2.5mg錠、5mg錠、10mg錠の3つがあることはすでにご紹介済みですが、基本的な服用回数は1日1回1錠です。薄毛の進行具合や服用する期間をもとに多くても2錠を限度としてください。
また、服用がはじめての人はまずは2.5mg錠から様子をみることをおすすめします。多くの人は1日5mgを基準に適切なものを選択しますが、服用にあたっては専門の病院で診察をうけた上で、医師の判断に従ってください。

ミノキシジルタブレットは内服薬であるため現在日本では認可が下りていません。しかしミノキシジルという成分自体が含まれる外用薬は「リアップシリーズ」のみですが販売されています。
リアップシリーズは第一類医薬品に認定されており、その理由は副作用が生じるリスクが比較的高く、使用に際しての用法・用量のほか、副作用に関するリスクに関しても十分な理解しておく必要があるためです。

外用薬と同じよう、内服薬であるミノキシジルタブレットにおいても副作用が生じるリスクの可能性について理解しておく必要があります。
ミノキシジルはそもそも高血圧の治療薬の成分として使用されていたため、発毛を目的とした服用においても血圧に関する効果も表れ、血圧に関係する副作用もある可能性が。

特に注意しなければならないのが、血管が拡張されることによって生じる血圧の低下です。そのため、高血圧の薬をすでに服用している人、低血圧である人は服用を避けるまたは専門の病院で医師に判断を仰いでください。

血圧に関する症状がでる可能性があるため、高血圧または低血圧だと感じていない人でも、血圧の低下は急激に生じるケースだけでなく、継続して使用することで徐々に低下していくというケースも。そのため、服用に際しては常に血圧の変化にも注意してください。

また見落としがちな点として、アルコールの多量摂取には注意が必要です。
ミノキシジルタブレットの副作用によって血圧が低下しているときに、アルコールを大量に飲んでしまわないようにしましょう。普段より体調の悪さを感じる可能性もあることを認識し、できるだけアルコールを控えるようにするとよいでしょう。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説