リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

ミノキシジルは前髪部分に効果があるって本当?


ミノキシジルは世界で発毛効果が認められている医薬品ですが、「リアップ」シリーズは、日本国内で厚生労働省の認可を受けた唯一の発毛効果が認められた医薬品として、薬局などで発売されています。

今回はこのミノキシジルにスポットを当て、薬や発毛のメカニズム、気になる副作用など、ミノキシジルを使うにあたって知っておきたいこと、そして「前髪に効果がある」という噂の真偽についてご紹介します。

ミノキシジルは前髪に対しての効果はある?

ミノキシジルは厚生労働省によって承認され、発毛効果があると言われている医薬品です。そのためスカスカの前髪やM字ハゲといった前髪の抜け毛に効果があると考えがちですが、ミノキシジルは前髪にのみ効果があるものではありません。

ミノキシジルは使用することで血管を拡張し、血流を良くすることで毛母細胞の分裂を促す、というメカニズムで脱毛症に効果があるとされています。前髪といった特定の部位に対する効果ではなく、頭全体への発毛効果があるため、結果として前髪の脱毛症に対しても効果が得られるということです。

もちろん「リアップ」のように日本で発売されている塗布型の発毛剤であれば、ミノキシジルを注入する部位が決められるためピンポイントで効果を得やすいですが、そこまで効果が強いものではありません。

一方、個人で輸入販売するタブレット錠などの内服薬の場合は、塗布するタイプの発毛剤より効果が高くなりますが、ピンポイントで改善したい場所を狙うということはできないので注意が必要です。

ミノキシジルはもともと高血圧用の薬だった

ミノキシジルは1970年代にアップジョン社によって開発され、アメリカで高血圧用の薬として使用され始めました。しかしミノキシジルを使用した治療中に多毛症を発症したケースが見られたことから、脱毛症に効果があるのではと考えられるようになりました。そして臨床試験などを経て、1980年代にミノキシジルが初めて配合された発毛剤「ロゲイン」が発売され、世界中に広まったのです。

現在では90もの国と地域で、発毛剤としてミノキシジルが含まれた医薬品が発売されています。

それから日本国内でも臨床試験や厚生労働省の認可を経て1999年に「リアップ」が発売されました。その後も女性用の「リアップ リジェンヌ」や、ミノキシジルの量を5倍の5%に増やした「リアップ X5プラス」などを発売するなど、2018年5月現在でも唯一の発毛剤として高いシェアを誇っています。

ミノキシジルの発毛効果をしっかりと実感するには

発毛効果が実証されたミノキシジルは、日本国内でも「リアップ」シリーズなどの発毛剤の成分として使用され、第一種医薬品として販売されています。

しかし、脱毛症などで髪の毛が失われたり弱くなったりしてしまった場合、髪の毛が伸びるのに時間がかかるように、一朝一夕で弱った髪の毛を改善できるものではありません。「リアップ」シリーズも最低4カ月の使用を推奨しており、半年単位のスパンで使用を考える必要があります。

また、発毛剤を使い始めてから、髪の毛が生えてくるどころか抜けてしまったという人も少なからずいます。頭皮には、古い髪の毛が抜けたところから新しい髪の毛が生えてくるというメカニズムがあるため、「生え変わり」の時期の抜け毛を気にせず、発毛剤を使用し続ける必要があります。

そしてミノキシジルの入った「リアップ」などの発毛剤の使用はもちろんですが、食生活やストレスといった生活習慣によっても効果の出方は変わってくるため、脱毛症の改善に取り組む場合には生活習慣を整える必要性もあります。

ミノキシジルを使用するにあたっての注意点

ミノキシジルは発毛効果が実証されている医薬品ですが、どんな人でも使用してよいものではありません。

低血圧や高血圧といった血圧の病気を持っている人や、心臓などに障害を持っている人、65歳以上のお年寄りなどは、血圧の低下により臓器に影響が出る可能性があるなどの点から、ミノキシジルの使用については医師や薬剤師に相談をする必要があります。

また妊娠中の女性に対するミノキシジルの確実な安全性は実証されておらず、胎児にどのような影響があるかわからないのです。妊娠中の方はミノキシジルの使用はもちろん、薬に触れることも避けたほうが無難です。

ミノキシジルは医薬品成分のため、副作用も少なからずあると言われています。血管が拡張し血流がよくなることにより、身体のむくみや頭痛が出たり、さらに頭皮に直接つけることによる頭皮の炎症なども症例として報告されています。

また、過去に薬が原因で湿疹などのアレルギーにかかったことがある人は、どのような状況で起きたかを担当医に相談したうえでミノキシジルを使用するかどうかを決めましょう。

ミノキシジルの用量用法を守って発毛効果を引き出しましょう

今回はミノキシジルがどのような薬で、どんな発毛メカニズムを持つのか、さらには使用するうえで注意しておきたい副作用などについてご紹介しました。

厚生労働省で承認されているミノキシジルは発毛効果が認められているものです。副作用などの不安点もありますが、用量用法を守り、生活習慣を整えて使うことで、薄毛などの進行を止め毛髪の健康を維持することができます。前髪の薄毛にお悩みの方はミノキシジルを使ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤