リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/07/26

ミノキシジルは妊娠時に飲むのはいい?影響は?


薄毛に悩む若い女性が増えてきて、すでにミノキシジルを飲んでいたり、服用を考えていたりする人もいると思います。しかし、女性の場合気になるのが妊娠や出産のときのミノキシジルの服用です。特に現在ミノタブを服用していて、今後妊娠を考えている場合などはどのようにすればいいのでしょうか。

今回は妊娠している女性がミノキシジルを飲んでも大丈夫なのか?自分の体や胎児に影響はないのか?について考えてみたいと思います。

妊娠中のミノキシジル服用は安全性が確認されていない

まずはじめに結論からいいますが、妊娠中、もしくは妊娠を控えている女性はミノキシジルの服用は止めたほうがいいと主張したいと思います。ですがこの問題は、避けたほうがいいとする意見と、特に問題はないのでは?という意見の両方が存在します。

ここで注目してほしいのは、飲んでも大丈夫という人たちの意見は「問題ないのでは?」という程度の見解でしかないということです。なぜかというと、妊娠中のミノキシジル服用については安全性が確認されているわけではないからです。

安全というデータがあるわけではないが、影響があるというデータもないのも事実です。フィナステリドのように、奇形児のリスクがあるというような明確な情報もなければ、危険性についてのはっきりとしたデータや研究結果がないので、「多分大丈夫だと思う」というとても無責任な答えを出しているという印象を拭えません。

妊娠中は胎盤を通して薬の成分も胎児に影響してしまうため、普通の処方薬や市販薬ですら服用を制限されます。妊娠中は風邪薬も飲んではいけないという話を聞いたことがある方もいるでしょう。風邪薬ですら飲んではいけないものがあるのに、ミノキシジルを飲んで本当に大丈夫なのでしょうか。

妊娠中にミノキシジルを飲んではいけない理由

では次に、妊娠中にミノキシジルを飲むことのリスクについて考えてみましょう。整理しやすいように、ひとつずつ説明していきます。

ミノキシジルタブレットは未認可の薬

これについては今さらいうまでもないことですが、ミノキシジルは内服薬としては日本では認可されていません。発毛成分としてだけでなく、本来の血圧降下剤としても未認可です。服用に関しては完全に自己責任ですので、なにか体に異常が起きてもどこにも責任を問うことはできません。

女性には強い副作用がある

リアップ製品を見てもわかるように、頭皮に塗布するだけの外用薬ですら、女性にはミノキシジルの副作用が出やすいと考えられています。リアップでは男性用は配合量5mlのものが主力商品ですが、女性用には1mlの配合量のものしかありません。

基本的に女性のミノタブ服用は推奨されていない

AGA専門クリニックでも、女性へのミノタブの処方はされていません。

妊娠中の女性の体はとてもデリケート

続いて妊婦さんや胎児への影響について考えてみましょう。

妊娠中はむくみや循環器系のトラブルが起こりやすい

妊娠中の女性の体はとてもデリケートで、少しの変化にもいつもにはない影響が出やすくなっています。ミノキシジルは血圧に作用する薬で、むくみや心拍数の増加などの副作用があるため、妊娠時期に飲むのは危険といえます。

ミノキシジルは母乳に移行する

リアップの注意書きによると、ミノキシジルの成分は母乳に移行するということです。内服のミノタブだと完全に母乳に成分が含まれてしまうでしょう。母乳育児をする予定であれば、妊娠中も使用は控えるべきです。

妊娠中や授乳中の育毛対策

それでは妊娠前後はどんな抜け毛や薄毛対策を行ったらいいのでしょう。妊娠中や授乳中だからといって、なにもしないのはおすすめできません。特に夏の時期は、ホルモンバランスの崩れや精神的、肉体的なストレスなどで抜け毛が増えやすくなることがあります。そこでまずは生活の見直しをしてみましょう。

妊娠中に心がけたい抜け毛対策としては

・たっぷり眠る
・しっかりと栄養を摂る
・気分転換をしてストレスをためない
・体を冷やさない
・ヘアケア用品を敏感肌用に変えてみる

などがあります。また育毛剤を使うのもいいでしょう。妊娠中に使える育毛剤は、産後の抜け毛にも使える製品と同じ基準で選べば安全です。

合成保存料や石油系界面活性剤、香料や着色料などを使っていない、医薬部外品の無添加育毛剤の中でも、積極的に「妊娠中や産後でも安心」と謳っているものを選べば、リスクも格段に減ります。たとえば「マイナチュレ」や「BELTA(ベルタ)育毛剤」などは、妊婦さんにも赤ちゃんにも安全・安心な育毛剤と有名なもので、妊娠前後や授乳期の育毛剤としておすすめです。

危険は避けてゆったり過ごそう

妊娠中のミノキシジル服用の危険性について、理解していただけたでしょうか?妊娠中や授乳中は生活環境や食生活、薬の影響などについて、普段以上に注意しなければいけない時期です。

少しでも危険な可能性があるものは、避けておいたほうが無難です。特に妊娠中や産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れが原因となっていることが多くなります。時期がくると自然に治っていきますので、慌てず心配し過ぎずにゆったりと過ごしてください。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説