リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/07/27

ミノキシジルを塗布するのは寝る前がベストって本当?


ミノキシジルが配合された発毛剤として人気の「リアップ」ですが、せっかく使用するならその効果を最大限に高めたいものです。正しい使い方をしないと効果が出なくて結局お金が無駄に・・・ということにもなってしまいます。
ミノキシジルを塗布するベストな時間帯や、どうすればミノキシジルの効果を最大限に引き出すことができるのかを正しく理解しておきましょう。

ミノキシジルは寝る前に塗布したほうが効果的?

一般的なミノキシジル外用薬は1日に2回、朝と夜に塗布するのが基本です。塗布のタイミングは朝と夜のシャンプーのあと、頭皮を綺麗にしてタオルドライの状態で塗布するのがよいとされています。

朝と夜の塗布のどちらを重視すべきか、と悩む人もいるかもしれません。その答えは「夜の塗布をより重視したほうがよい」です。なぜなら、人間の髪というものは昼間よりも夜の寝ている時間帯に発毛(成長)する傾向が強いからです。毛が成長する時間帯にミノキシジルが効いていれば、その相乗効果によってさらに髪の毛の成長を促すことができます。

夜10時~深夜2時はゴールデンタイムと呼ばれ、髪の毛が最も成長しやすい時間帯といわれています。そのためこの時間帯にまだ起きていて夜更かしをしていると発毛以外のほうにエネルギーを使用してしまい、髪の毛の成長が乏しくなってしまいます。ミノキシジルを塗布してゴールデンタイムにしっかりと睡眠を取ることが大切なのです。

髪の毛の成長ホルモンは夜にたくさん分泌される

人間の体内では日々多くの成長ホルモンが分泌されています。成長ホルモンとはその名のとおり体を成長させるホルモンのことをいいます。子どものときはこの成長ホルモンの分泌がより盛んですが、大人になってからも成長ホルモンの分泌は続いています。

当然ながら髪の毛もこの成長ホルモンによって成長します。成長ホルモンの分泌がより髪の毛に集中すればそれだけ発毛・育毛が促されます。逆に成長ホルモンの分泌が髪の毛以外にいってしまうと発毛・育毛のエネルギーも低下します。

成長ホルモンが最も分泌される時間帯は上述のように夜10時~深夜2時です。この時間帯に起きていて別の活動をしていれば成長ホルモンはそっちにエネルギーを使ってしまい髪の毛の成長に集中できません。成長ホルモンのエネルギーを毛髪に集中させるという意味で夜更かしはいかにマイナス要素になるかということです。質のよい睡眠、長時間の睡眠は髪の毛の成長に必要不可欠なのです。

就寝の何時間前にミノキシジルを塗布したほうがいい?

寝る前にミノキシジルを塗布することがより効果的であることがわかりましたが、具体的に就寝何時間前に塗布するのがベストなのでしょうか?

ミノキシジルの外用薬は頭皮に塗布すると2~3時間ほどかけて浸透し、吸収されていきます。この時間を逆算して塗布すればいいわけです。夜9時に布団に入るということであれば、夜6時~7時くらいに塗布すればちょうどよいということです。ミノキシジルがしっかりと頭皮に吸収され、その効果が最も発揮されている時間帯で眠りに入ればその相乗効果で発毛・育毛効果は最大限に引き出されるといってもいいでしょう。

ミノキシジルは他の医薬品とは違い塗布する時間帯で厳しい取り決めはありませんが、せっかく使用するのであれば髪の毛が成長しやすいタイミングを見計らって塗布するのがベストです。

ミノキシジルはただ塗布するだけでは効果は上がらない

単に夜のゴールデンタイムに合わせて塗布するだけでなく、正しい塗り方によってその効果を高める必要があります。

必ずシャンプーをして頭皮を綺麗にする

ミノキシジルを塗布する前のシャンプーはとても重要です。頭皮が汚く、皮脂やスタイリング剤が頭皮に残ったままだとミノキシジルは浸透不足になります。しっかりとシャンプーで洗髪して毛穴汚れを落としてから塗布すれば、頭皮の奥深くまで浸透させることができます。

頭皮のマッサージ

ミノキシジルを塗布したあとに頭皮を軽くマッサージすることで浸透を深めます。また、頭皮のマッサージは血流を良くしミノキシジルの効果をさらに高めることができます。マッサージが終わったあとも1時間ほど時間をおいてしっかり浸透させましょう。

お風呂はミノキシジルの効果を高める

お風呂に入ると体や頭皮の血行が促進されます。血行がよくなるとそれだけ髪の毛に必要な栄養も広くいきわたるようになります。お風呂上がりにミノキシジルを使用することで、浸透した原液が頭皮全体にしっかりと広がるので、髪の毛の成長にプラスに働きます。面倒くさいからといって毎日シャワーで済ます人もいますが、髪の毛の成長のことを考えれば毎日お風呂に入る習慣をつけたほうがよいといえます。

ミノキシジルは塗布する時間帯と使い方がポイント

どんな薬であっても使用する時間帯と使い方を間違えればその効果はフルに発揮されません。ミノキシジルにおいてもその効果がフルに発揮できるように塗布する時間帯や塗布する前の準備、塗布したあとのケアについて注意を払うことが大切です。

リアップなどのミノキシジル外用薬は「夜重視」であることには変わりはありませんが、だからといって定められた容量を超えて使用すると副作用の危険性があります。必ず用法用量は守るようにしてください。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説