リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/07/27

ミノキシジルとエフペシアって併用できる?


AGAの治療薬には、いくつかの種類があります。併用すれば、さらに相乗効果が期待できると考える人もいるのではないでしょうか。ミノキシジルとエフペシアは、薄毛や抜け毛が気になる人からも高い関心を集めています。ミノキシジルとエフペシアが併用できるかどうか、効果や特徴も踏まえて調べてみました。

ミノキシジルとエフペシア、それぞれの効能や特徴

AGA治療は現在も研究が続けられ、効果的な治療法や薬の開発も進んでいます。なかでも特に支持を集めているのが、ミノキシジルとエフペシアです。AGA治療ではどちらもよく聞く薬ですが、それぞれの効能は違います。

エフペシアは、AGAの治療薬プロペシアのジェネリック医薬品です。エフペシアに含まれている有効成分フィナステリドは、男性ホルモンの一種ジヒドテストステロンの生成を抑制する効果があると言われています。

ジヒドテストステロンは、毛母細胞にアプローチすることで、細胞分裂を阻害するホルモンです。その結果、成長期にある髪の毛も休止期や退行期になってしまいます。このヘアサイクルの乱れが原因となり、毛髪が細く弱々しくなってしまうのです。

ジヒドテストステロンは、テストステロンと5aリダクターゼが結合することによって生成されます。そこでフィナステリドは、この5aリダクターゼを阻害することによって、ジヒドロテストステロンの発生を抑制しています。

一方でミノキシジルは、もともと血管拡張薬として開発された成分です。ミノキシジルの効果により、血管が拡張することで血行が良くなります。血行が促進され、頭皮に栄養が行き渡りやすくなり、頭皮や毛髪の健康につながるのです。

また、ミノキシジルによって分泌されるアデノシンも、頭皮に効果的な成分です。アデノシンには血管を修復して毛乳頭細胞を増殖させる、という働きがあります。ミノキシジルには毛髪に栄養を行き渡らせる効果だけでなく、発毛を促進させる効果も期待できるでしょう。

ミノキシジルとエフペシアが持っている副作用とは

ミノキシジルもエフペシアも発毛・育毛効能が期待できます。しかし、それぞれ副作用があるため、使用する前に確認しておきましょう。

エフペシアは肝機能障害のほか、男性ホルモンに関連する副作用があります。数として多くはありませんが、性欲減退や倦怠感などの症状があらわれたと報告されています。ミノキシジルは、高血圧を改善するために使われていた成分のため、血圧を下げる効果があります。もともと血圧が低いという人は様子をみながら使うようにしましょう。

また、倦怠感や眠気、頭痛などもミノキシジルの作用で起きる症状です。それぞれ違う副作用があるため、使用して体調等に変化がある場合は、使用を止めて様子をみたり、医師の判断を仰いだりするなどの対処を行いましょう。

日本皮膚科学会の評価からみるミノキシジルとエフペシア

日本皮膚科学会の『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版』では、ミノキシジルとエフペシアの主成分であるフィナステリドの有用性について評価がされています。ガイドラインによると、ミノキシジルの外用について推奨度Aとしています。比較試験の結果では、男性、女性ともに優位に発毛効果が認められたとされ、発毛効果に関して高い水準の根拠があると言えるでしょう。

また、フィナステリドについても日本皮膚科学会では推奨度Aとしています。ただし、男性型脱毛症のAGAについては推奨度Aですが、女性型脱毛症については推奨度Dです。フィナステリドはAGAについては改善効果があり、20歳以上の男性に対しては臨床試験の結果、安全性が確認されたとされています。

しかし、女性については妊婦や妊娠している可能性がある女性、授乳中の女性には禁忌であるとしています。女性にはフィナステリド投与による有意な結果は得られず、また副作用の心配もあります。そのため日本では女性にフィナステリドの処方はおこなわれていません。

ミノキシジルもフィナステリドも日本皮膚科学会によって、脱毛症に対する効果が認められています。しかし、その効能や副作用の違いからそれぞれ利用法も異なっているので、事前に確認するようにしましょう。

ミノキシジルとエフペシアはそれぞれ違うアプローチで薄毛の悩みにアプローチするため、何を原因とする薄毛かによって、向いている薬は違うと考えられます。女性であれば、エフペシアを使うことはできません。またエフペシアは、AGAを原因とする薄毛以外には効果があまり期待できないでしょう。

ミノキシジルとエフペシアの併用は控えた方が良いかも

ミノキシジルとエフペシアの両方を使えば、相乗効果でより高い効果が期待できるとは言い難いです。エフペシアの有効成分のフィナステリドやミノキシジルのどちらにも、多少の副作用があります。フィナステリドとミノキシジルを併用した場合の副作用については、十分に検証されてはいないため、あまりおすすめはできません。両方服用したいと考えている方は、処方を受けるときに医師に相談しましょう。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説