リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/08/21

ミノキシジルの正しい塗り方ってあるの?


ミノキシジルは発毛効果が高い分、医薬品なので副作用のリスクがあります。塗り方を間違えると効果があまりでないだけでなく、体への悪影響がでる可能性があるので、正しい方法で毎日塗布することが大切です。ここではミノキシジルを塗る前の準備から、商品ごとの塗り方まで解説します。これからミノキシジルを使う人はもちろん、使用中の人も確認のために読んでみてください。

ミノキシジルは塗るタイプと飲むタイプのどちらがいい?

ミノキシジルは発毛効果があるとして、厚生労働省から認可されている有効成分です。血管を拡張させて栄養が毛根にまで届くようにすることで、発毛効果を発揮します。

ミノキシジルを主成分とする薄毛の治療薬には、塗るタイプと服用するタイプがありますが、日本で認可されているのは塗るタイプのみで、飲むタイプのミノキシジルタブレットは認可されていません。AGA治療を行っているクリニックや、個人輸入で手に入れることはできますが、日本国内で安全にそして簡単に買えるミノキシジルを配合した医薬品は、今のところ大正製薬のりアップのみとなっています。

リアップなら症状や体質、使いやすさを考慮しながら商品を選ぶことができますし、女性向けのリアップリジェンヌもあるので女性でも安心です。しかしせっかくミノキシジル医薬品を使うなら、最大限に効果を生かしながら副作用も防ぐ使い方をしたいですよね。ミノキシジルの正しい塗り方を理解して、薄毛改善に役立てていきましょう。

知っておきたいミノキシジルを塗布する前に必要な準備

ミノキシジルの正しい塗り方の第一歩は、塗る前の事前準備から始まります。事前準備とは?と思われるかもしれませんが、まずは頭皮を清潔にすることです。つまりシャンプーと乾燥ですね。日々薄毛対策に励んでいる人からすると、知っていて当然のことではありますが、毎日シャンプーしていても、頭皮は皮脂腺が多いので汚れや皮脂で毛穴つまりを起こしやすいのです。

ミノキシジルは毛穴の奥まで浸透して、毛包に作用することで発毛を促す薬剤です。ですから毛穴つまりを起こしていると、成分が肝心の毛包まで届かないことになってしまい、塗る意味がありません。

ですからミノキシジルを塗る前にはシャンプーをして、頭皮や毛穴の汚れをキレイに取り除いておくことが必須です。シャンプーをするときは、頭皮を傷つけないように指の腹で洗うのが基本ですが、さらに1週間に1度くらいは揉み洗いをしましょう。

揉み洗いの方法は、先にぬるま湯で下洗いをして毛穴を開かせ、その後シャンプーをつけたらニキビを潰すような感じで頭皮を挟むようにしながら、しっかりとほぐすようにマッサージし、毛穴の汚れを取り除きます。これをするだけでかなり浸透の具合が違ってきますので、試してみてください。

ミノキシジルを塗る前は必ず髪を乾かして

シャンプーが終わったら、髪の毛はドライヤーを使って乾かします。髪の毛が濡れたままだと、薬液が流れてしまったり、水で薄まったりして効果が減ってしまうことがあります。また自然乾燥は頭皮にカビが生えたり、雑菌が増殖したりする原因になるのでよくありません。

髪の毛が乾いたらいよいよミノキシジルを塗っていくわけですが、ここで重要なのが塗る場所と量です。ミノキシジルは頭皮全体に塗りひろげる必要はありません。薄毛が気になる部分に集中的に使ってください。

効果を一刻も早く出したいと、たくさん塗りたくなるかもしれませんが、規定の用量・用法は必ず守ってください。多く塗ったからといって、効果が早まることはありませんとリアップの説明書にも書いてありますし、ミノキシジルの副作用が強まる危険性もあります。

リアップは販売価格もそれなりに高いですから、効果が増大するわけでもないのに、たくさん塗るのはもったいないです。リアップの場合は1回1mlで効果が期待できますので、それを守りましょう。

ミノキシジル配合製品(リアップシリーズ)の塗り方

まずは主力商品であるリアップやリアップX5の塗り方です。容器が特殊な構造になっていて、容器を逆さにすると軽量室にちょうど1mlの薬液が溜まります。これを頭皮に直接一度押し当てて、その後はトントンと塗布していきます。薄毛が気になる部分に、1cm~2cm間隔でトントンと塗っていきましょう。それで薬液が十分にひろがり、効果を発揮します。

次にリアップジェットですが、噴射部のロックを解除したら、容器を逆さにして噴射部を頭皮に押し当てては離しを繰り返しながら、気になる部分に噴射していきます。同じ場所に噴射を繰り返すと凍傷などの危険性があるので、場所をずらしながら噴射してください。規定量の15噴射を終えると、自動的にロックがかかるようになっているので安心です。

女性向けのリアップリジェンヌは、容器の形状は他のリアップとは少し違って、女性でも抵抗なく使えるようなデザインになっていますが、基本的な使い方はリアップと同じです。

自動的に1mlが計れるアプリケーターがついているので、直接頭皮に先端を押し当て、髪の毛が薄くなっている部分にトントンと塗布していきましょう。女性は特に髪の毛が邪魔になって浸透を妨げないように、長い部分の髪の毛は押し広げるようにして、できるだけ頭皮だけに薬液がつくようにして塗ってください。

どの製品も基本的な使用回数は1日2回。夜はシャンプーをしたあとに使用しますが、朝はそのまま塗ればOKです。

適切に塗布して正しい効果を得ましょう

ミノキシジルは医薬品なので、正しい使い方をしないと思わぬ副作用がでたり、思うような効果が得られなかったりすることもあります。せっかく手間も時間もお金もかけて薄毛治療のために使うのですから、適当に続けるのではなく、最大限の効果が得られるようにしたいですね。毎日のことなので面倒に感じるときもあると思いますが、根気よく続けていきましょう。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説