リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/09/29
更新日:2018/09/28

ロゲインはアマゾンで購入できない!入手する方法は?


発毛剤のロゲインを購入するために、大手通信販売「アマゾン(Amazon)」を検索してみたことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、実はロゲインはアマゾンで販売されていません。では、ロゲインを使いたい場合、どのように入手したら良いのでしょうか。この記事では、ロゲインがアマゾンで売られていない理由と、ロゲインを入手する方法について紹介します。

ロゲインはアマゾンでは販売されておらず購入できない

ロゲインは未承認の薬ためアマゾンでは販売できない

ロゲインはアマゾンや楽天など、通販サイトでは取り扱いがありません。これは、ロゲインが日本では未承認の薬であるため、販売すると薬機法違反に問われてしまうからです。ロゲインが厚労省の認可を受けない限り、販売されることはないのです。

ロゲインと同じ成分の薬はアマゾンで購入可能

ロゲインは承認されていませんが、ロゲインと同じ発毛成分ミノキシジルは、すでに育毛・発毛薬として一般用医薬品に認可されています。そのため、ミノキシジルを含む外用薬は、アマゾンなどの市販で購入ができます。

男性用ロゲインと同じ量のミノキシジルが含まれるものでは、大正製薬「リアップX5プラス」、アンファー「スカルプD メディカルミノキ5」といった製品が入手可能です。

ただし、販売価格に関しては国内のミノキシジル製剤のほうが高くなっています。少しでも薄毛改善にかかる費用を少なくしたい人にとっては、ロゲインが気になる人もいるのではないでしょうか。

アマゾンで購入できないロゲインの入手方法とは?

AGA専門クリニックを受診して処方を受ける

一般の病院ではロゲインの処方は行われていませんが、AGA専門クリニックでは医師の責任のもと、治療薬としてミノキシジルの塗布剤を処方しています。どの治療薬を扱うかはクリニックにより異なりますが、塗布薬ではロゲインが用いられる例も多いです。

費用に関しては市販のミノキシジル製剤を購入するより安くなる場合もありますが、処方のたびに通院しなければならないという手間がかかります。

代行業者を利用して自己責任で個人輸入する

ロゲインは海外から個人輸入することもできます。その際、価格は専門クリニックよりも安価です。個人輸入の場合は自分で使用するものに限られます。

また、自分で販売元から購入するには言葉や法律の壁がありますので、通常は個人輸入代行業者を利用して購入することになります。ただし、個人輸入にはさまざまなリスクがあるため、手に入れる方法としておすすめできるものではありません。

ロゲインを個人輸入するデメリットと注意点

副作用が起きた場合に救済されない

万が一、個人輸入した医薬品などを利用して健康被害に遭っても、製造元からの救済はありません。国内の医薬品副作用救済制度も対象外です。ロゲインは塗布剤のため、内服薬と比べると深刻な副作用は起こりにくいですが、絶対ではありません。

また、自己判断で使用することになるため、本当にロゲインで効果がみられる薄毛なのかもわからないまま使用を続けることになります。それに加え、自身で個人輸入した医薬品に対しては、使用方法や疑問などを医師や薬剤師に相談することもできません。

医薬品副作用救済制度の対象外となるのは、専門医からの処方の場合についても同様です。しかしAGA専門クリニックからの処方の場合、事前に問診や薄毛の状態を診察することで、使用が適しているか判断されたり、副作用リスクの回避が行われたりしています。

偽物のリスクがある

海外では医薬品の偽造事例が後を絶ちません。ロゲインについても同様です。個人輸入代行業者はあくまでも手続き面での代行である、という点に注意しましょう。実績ある個人輸入業者であれば正規品の保証を行っていますが、正規のルートではないため、偽造品を買ってしまう可能性がゼロではありません。

一時的に使用できない期間が発生する可能性がある

個人輸入業者はあくまでも手続きを代行するだけなので、通常の通販のように在庫を持っているわけではありません。また、製品は海外からの発送となるため、入手までに時間がかかることもありますので注意しましょう。

さらに、個人輸入では本人が使用することが条件となっており、輸入量と期間に制限があります。1回の輸入は2カ月以内の量で、期間に関しても使い終わるまでの2カ月間は購入できません。もしこの規定を無視して輸入使用としても、通関処理ができず廃棄されてしまいます。

つまり、代行依頼のタイミングによっては、手元にロゲインが残っていない期間が発生する可能性もあります。

安全性を考えるならロゲインではなくアマゾンで購入できるリアップを

ロゲインは、同じミノキシジル製剤のリアップなどと比べると価格は安くなりますが、個人輸入はリスクもあります。安心して育毛・発毛に取り組みたいなら、国内で認可されているリアップかスカルプDメディカルミノキ5がおすすめです。

リアップは、誰でも適切な使用ができるよう、1回の使用量が測れる定量容器が採用されています。また、塗布後の乾きもよく、毎日使う場合でも手間に感じにくいでしょう。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説