リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/09/29
更新日:2018/09/28

薄毛対策を網羅!AGAのセルフ治療法やおすすめクリニックを紹介


薄毛といったら、AGAをイメージする人もいるかもしれませんね。それほど、薄毛のイメージが高まってきたAGA。どのように薄毛対策をしていくのがベストなのでしょうか。今更だけど知っておきたいAGAのことから、おすすめのクリニックまで紹介します。

AGAとは?

薄毛関連でよく耳にするAGAですが、実態を知っているでしょうか。AGAとはどういったものか、基本的な部分をみていきましょう。

AGAとは男性型脱毛症のこと

AGA(エージーエー)は、アンドロジェネティック・アロペーシアの略。日本語で、男性型脱毛症を指します。主に男性を中心に思春期以降に髪の毛が薄くなっていくこと。頭頂部や生え際を中心とした脱毛が特徴です。

なお、AGAは30~50代を中心にみられる脱毛症ですが、20代の若いうちから悩まされる人も増えてきています。主な原因になっているのが、男性ホルモンで、遺伝も関係しているといわれる脱毛症です。

なお、主な発症者は男性ですが、女性でも男性型脱毛症が発症することがあり、女性の場合はFAGAと表現します。女性の場合も、男性ホルモンの影響が原因です。

AGAの抜け毛タイプ

AGAの抜け毛タイプは、細かく分けると14のタイプに分けられます。数字が小さいほど進行度が低く、I~IIIは額の生え際から後退するM字型といわれるタイプです。症状が進むとこめかみ部分まで髪の毛が後退していきます。

頭頂部が後退するタイプは、II vertexとIII vertex。頭頂部分の後退はO字型といわれ、初期では自分で気づきづらいため、気づいたらO字部分が大きくなっていたということもあります。

前頭部、髪の前側が全体的に後退していくタイプは、IIa、IIIa、IVa、Vaの4タイプ。U字型といわれるタイプで、はじめは前髪が均一に、だんだんと頭頂部に向かう部分を中心にU字に髪が後退していきます。

そして、こうした頭頂部、生え際が同時に後退して症状が進んだものを、IV、V、さらに前頭部も合わせて後退したものをVI、VIIで分けます。VIIIになると、ほとんど後頭部と耳周辺の髪の毛しか残りません。

関連記事:AGAとは?薄毛が気になり始めた方に向けて徹底解説!

AGAはどう治療すればいい?

AGAはどういったものか紹介しましたが、どのように治療すればよいのでしょうか。AGAの代表的な治療法5つを紹介します。

AGA治療薬(内服薬)

飲むタイプのAGAの治療方法です。内服薬によるAGA治療薬でよく用いられるのが、有効成分フィナステリドを配合したプロペシアの処方。AGAの原因である男性ホルモンをより強力に変質させる5αリダクターゼを阻害します。同じような効果を期待できる、プロペシアのほか、ザガーロという内服薬も有名です。

治療の期間は少なくとも1年。費用はプロペシアで6,000~7,000円程度かかります。通常は外用タイプのミノキシジルもタブレット状で処方されることがあり、費用の目安は10,000円程度です。

AGA治療薬(外用薬)

育毛剤などとして、頭皮の外から直接塗るタイプの治療法です。内服薬同様、クリニックでは処方されるだけなので、実際のケアは自宅で行います。病院での処方は、ミノキシジルを中心としたものが多いです。

様子をみるのであれば、3~4カ月、治療による改善を意識するなら少なくとも1年は続けて使用すべきです。費用は、クリニックで約2万円、市販なら病院の半分以下で購入することができます。

HARG療法

HARG(ハーグ)療法は、髪の毛を作る毛母細胞に直接作用する治療法のこと。頭皮の表皮、あるいは表皮と真皮の間に肝細胞からとれた成長因子と有効成分を注入して、髪の毛が成長できるベースを作ります。治療後、持続的な効果を期待できる方法です。

なお、HARG療法は、プロペシアなど内服薬による治療が向いていない女性でも利用できるものもあります。1回あたりのHARG治療の費用は150,000円程度です。症状によって1回の場合もあれば、半年かけて治療する場合もあり、回数に応じて費用がかさみます。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーは、成長因子を含まない有効成分を直接表皮や真皮との間に注入する方法で、基本的な流れはHARG療法と同じです。HARG療法は許可を受けていないとできないという部分もあるので、育毛メソセラピーを扱っているクリニックはHARG療法よりも見つけやすいです。

育毛メソセラピーで注入される主な成分は、ミノキシジルやビタミンなど。1回20,000~100,000万円が目安です。金額に開きがあるのは、クリニック独自の調合の育毛メソセラピーが多いため。また、針を使用するかどうかでも費用が変わってきます。育毛メソセラピーもHARG療法同様、1回から半年が治療期間の目安です。

植毛

ナイロンなどでできた人工の毛を使った人工植毛、自分の毛を使った自毛植毛があります。日本のクリニックでよく扱われているのは、自毛植毛です。自毛植毛の特徴は、人工植毛と比べて拒絶が少なく定着率がよいということ。自分の毛なので、メンテナンスも特に必要ありません。しっかり定着できるかがカギです。

費用は人工植毛で300万円程度、自毛植毛で100万円から、本数が多いと1,000万円近くに上ることもあります。回数は基本的に1回で済みますが、定着率が悪いと何度がやり直さなければなりません。

AGA治療に使用される薬とは?

AGA治療についていくつか紹介しましたが、治療で使われるAGA治療薬には何があるのでしょう。2つのタイプから、よく知られるAGA治療薬で期待できる効果、副作用を紹介します。

脱毛を抑制するタイプのAGA治療薬

脱毛の原因物質に作用するタイプのAGA治療薬です。脱毛を抑制するタイプでよく使われるのが、5αリダクターゼに注目したもの。男性ホルモン・テストステロンがありますが、そのままでは薄毛にそこまで影響しなくても、毛乳頭の5αリダクターゼと結びつくことで、強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

脱毛を抑制するタイプのAGA治療薬は、薄毛の原因になる強力な男性ホルモンに変化するのを防ごうとするタイプの治療薬です。5αリダクターゼを阻害する成分として有名なのがフィナステリド。

プロペシアは、そんなフィナステリドをからだに負担のない程度に配合したAGA治療薬として知られています。国内でも、フィナステリドによる効果が認められているAGA治療薬です。

しかし、効果が期待できるといわれたプロペシアは、5αリダクターゼの2つ型があるうちの、5αリダクターゼ1型にしか作用しないことがわかりました。そこで生まれたのが、5αリダクターゼ1型と2型どちらにも作用するザガーロです。ザガーロは、フィナステリドでなく、デュナステリドという有効成分で男性ホルモンが変化することを防ぎます。

プロペシア、ザガーロ、どちらも錠剤なので、水で飲んで取り入れます。少なからず男性機能への影響、女性は妊娠中の胎児への影響といった副作用があることに注意しましょう。

発毛を推進するタイプのAGA治療薬

血管を広げて血の流れをよくすることで、髪の毛に必要な成分が届くようにするサポートタイプのAGA治療薬です。さらに、毛母細胞に作用し、髪の毛の成長をサポートします。

育毛・発毛を促すAGA治療薬としてよく知られているのが、頭皮に直接塗るタイプのミノキシジルです。外用タイプだけでなく、ミノキシジルはミノキシジルタブレットといって、内服タイプのものもあります。

血のめぐりをよくすることで、栄養を運び、毛母細胞を刺激する働きが期待できます。ただし、もともとは高血圧の治療薬として使われていたので、血圧が下がりすぎるリスク、からだの毛が濃くなる副作用、頭皮炎症の副作用に注意しなければなりません。

関連記事:AGA治療薬ってどんなのがあるの?それぞれの特徴と効果まとめ

AGAに育毛剤が効くって本当?

育毛剤はさまざまなバリエーションで販売されていますが、AGAにおいても育毛剤が効くというのは本当なのでしょうか。AGAの原因から、AGAに育毛剤がよいのか探ってみましょう。

AGAの3つの原因

AGAの原因の1つが、先に紹介したような男性ホルモンが変化して、ジヒドロテストステロンになることです。AGAの根本の原因でもありますが、原因ホルモンのジヒドロテストステロンの量が増えて、毛乳頭細胞の中で濃度が高くなることで、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

髪の毛は、成長する期間が長いほど、長く太く伸びていきますが、ジヒドロテストステロンが作用すると、髪の毛が成長と寿命を縮めてしまいます。つまり、ジヒドロテストステロンによって、髪が十分に成長しないうちに抜け落ちるということです。その結果、髪の毛のサイクルが早くなり、髪がない状態が多くなってしまいます。

次に、AGAの原因として考えられるのが遺伝です。よく、遺伝で髪の毛が抜けやすいといいますが、実は本当のこと。男性ホルモンのテストステロンに作用してジヒドロテストステロンに作る5αリダクターゼ、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に作用するときにかかわるアンドロゲンレセプターが先天的に多いと、薄毛になりやすいです。

遺伝子検査によって自分が先天的に薄毛になりやすいかわかりますが、遺伝子検査を受けなくても、家族や親族に薄毛の人が多いなど、ある程度の判断材料になります。

そして3つ目の原因が、生活習慣です。遺伝かもしれないと思っている人の中には、意外に生活習慣が影響している人もいます。遺伝で、先天的に薄毛になりやすいからこそ、影響を受けやすいともいえるかもしれませんね。

AGAに影響する生活習慣は、喫煙や過度な飲酒、睡眠不足、運動不足など、不規則で不健康な生活。血行が悪くなり、十分に眠らないせいで髪の毛の成長や修復が十分にできないため、髪の成長が妨げられ、AGAに繋がります。

育毛剤では不十分

AGAの原因は遺伝、生活習慣もありますが、根本の原因はテストステロンが変化して、ジヒドロテストステロンになることです。AGAを防ぐには、このジヒドロテストステロンを防ぐことが何よりも重要ですが、育毛剤では改善できません。

育毛剤は、頭皮の血行をよくしたり、炎症を抑えたりなど、あくまで頭皮環境をよくするためのものだからです。頭皮環境がよくなっても、ジヒドロテストステロンが減らないことには、積極的にAGAを改善していくことは不可能です。

しかし、人によってはAGA治療薬のプロペシアが合わなかったり、女性など使えない人もいたりします。そうしたときに活躍するのが育毛剤です。

AGA治療に発毛剤は効果があるの?

AGA治療に育毛剤は意味がないと紹介しましたが、それでは発毛剤ではどうでしょうか。AGA治療と発毛剤の関係、おすすめの商品を紹介します。

ミノキシジルという成分が効く

AGA治療で発毛剤を使うなら、ミノキシジルという成分に注目したいです。ミノキシジルは、AGA治療の外用薬や内服薬としてよく使われる成分のこと。もともとは高血圧患者のための薬でしたが、育毛・発毛効果が認められるということでAGA治療薬として研究がすすめられました。

AGAの原因であるヘアサイクルの乱れを整え、育毛や発毛を促すという点で、ミノキシジルは効果が期待できます。国内の多くのクリニックでも取り扱いのある安心できるAGA治療薬です。

発毛剤はリアップX5プラスがおすすめ

ミノキシジルを含んだ発毛剤はいくつかありますが、男性のAGA治療で使うならリアップX5がおすすめです。リアップX5は、男性の頭皮の状況に合わせて作られた男性のための育毛・発毛剤。

リアップX5を押す理由は、ミノキシジルが含まれているからだけではありません。皮脂を抑制して頭皮のフケを防ぐピリドキシン塩酸塩、皮脂の酸化を防ぐトコフェロール酢酸エステル、かゆみを防ぐI-メントールも合わせて含まれているためです。

皮脂が過剰に分泌されやすい男性の頭皮の環境を、複数の有効成分によって整えられるほか、メントールによる清涼感もあるので、さっぱり使えます。AGAのタイプの中でも、頭頂部の薄毛に効果が期待できるAGA治療薬です。

おすすめのAGA治療専門クリニックはどこ?

AGA治療専門クリニックを受診するメリット

早い話、薬の処方だけなら、処方箋をもらって薬剤師のいる薬局で受け取るだけでも十分です。あえて、AGA治療専門クリニックを受診するのは、クリニックがAGA治療を効果的に進めてくれる場所であるため。

まず、正しい診断によって本当にAGAなのか、別の脱毛症ではないのか診断できます。薄毛にアプローチしても効果がないのは、実は別の症状だったということもあるものです。さらに、AGA専門クリニックを受診するメリットは、遺伝子検査などの診断で、薬が合うかどうかを確認できること。

医師の診断と、遺伝子診断のような客観的な診断によって、よりよい薄毛治療に効率よく導いてくれます。

また、AGA専用だからこそ、AGAに特化した本当に効果の期待できる治療を受けられるのもAGA専門クリニックの特徴だといえるでしょう。

AGAスキンクリニック

オリジナルの処方をはじめ、AGA幹細胞再生治療、植毛、LED治療へアビームなど、バラエティに富んだAGA治療を提供しているクリニックです。世界で認められた治療法が強み。SNSを使えば24時間いつでも治療の予約ができます。全国展開で安心のAGA専用クリニックです。

 リンク:AGAスキンクリニック

メンズヘルスクリニック東京

1999年に開院したAGA専用外来のある男性専門のクリニック。一人ひとりに合わせた、600以上のパターンを持つオリジナルの製剤を使ったアドバンスト発毛治療が特徴です。190万人もの患者をみてきた実績で、AGAを効果的に治療します。

 リンク:メンズヘルスクリニック東京

湘南美容クリニック

症例数56,000件以上、年間来院者125万人超え。確かな実績をベースに質の高いAGA治療を提供しています。治療法は、AGA治療薬はじめ、毛髪再生メソセラピー、自毛植毛、ダブルマトリックスの4つ。2回目以降自宅で診察できるオンライン診療も人気です。

 リンク:湘南美容クリニック

AGA治療をするならAGA治療薬のあるクリニックで

主に男性の脱毛症として知られるAGA。市販の育毛剤など自宅で対策する方法もありますが、育毛剤よりも発毛剤に使用をおすすめします。市販の育毛剤には、AGAを治療するような効果が期待できないためです。

AGAを本格的に治療したいなら、プロペシアや育毛・発毛が期待できるミノキシジルなどのAGA治療薬を扱っているAGA専門のクリニックがおすすめです。専門クリニックなら、さらにレベルの高い治療も期待できます。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説