リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2017/07/12
更新日:2018/03/27

効果は?発毛剤として有名なリアップとロゲインを徹底比較!


日本で発毛剤といえばリアップですが、世界的に有名なのがロゲインです。発毛界の先輩とも呼べるロゲインとその後輩のリアップ、両者には一体どのような違いがあるのでしょうか?今回は製品としての特徴や主要成分、価格、副作用などを比較し、どちらのほうが使いやすいかを検証していきます。ぜひ今後の発毛対策の参考にしてください。

☆リアップとロゲイン効果が高そうなのはどっち?
日本製のリアップとアメリカ製のロゲイン、より発毛効果が高いイメージがあるのはどちらなのでしょうか?

【質問】
日本製のリアップとアメリカ製のロゲイン、発毛剤として効果が高いイメージがあるのはどちらですか?

【回答数】
リアップ:85
ロゲイン:15

調査地域:全国
調査対象:【性別】男性
調査期間:2017年05月29日~2017年06月05日
有効回答数:100サンプル

★やはり日本製が安心!リアップのほうが効きそう?
リアップのほうが効果は高そうと答えた人が全体の85%にも上りました。やはり日本製ということで安心感があるようですね。

・何と言っても日本製です。外国人とは、毛根・毛髪に違いが有ると思うし、日本人の毛髪には日本製が1番です。(60代/経営者)
・あくまで、イメージですが、リアップの方が効果が高いと感じます。コマーシャルの効果かもです。(40代/経営者)

ではロゲインと答えた人のコメントも見てみましょう。

・薬に関してはアメリカ製の方が効き目は良さそうなイメージがあります。(40代/個人事業主・フリーランス)
・アメリカのほうが規制が少なく日本より過激なものが作れそう。(10代/学生)

アメリカは薬大国というイメージからロゲインのほうが効果は高いと感じているようです。

リアップは製造面や使用している成分に対して安心感があるほか、CMや広告などで大々的に宣伝していることから信頼を抱いているようです。アメリカ製の場合は日本で認可されていない成分を使用するケースもあり、効力が高いというイメージを抱いているようですね。

☆アメリカの発毛剤ロゲインとはどんな商品?
ロゲインはアメリカの製薬会社が販売するミノキシジル配合の発毛剤です。もともとミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されましたが、患者の中で体毛が濃くなる副作用が見られたため、発毛剤として転用、開発されることとなります。ロゲインは世界で初めてミノキシジルを配合した発毛剤として誕生しました。アメリカの食品医薬品局FDAでミノキシジルは男性型脱毛症に効果があると認めており、世界90カ国で販売されています。ロゲインシリーズはローションタイプとフォームタイプの2種類。ローションタイプは付属のスポイトで頭に塗布するのに対し、フォームタイプは泡状の薬剤を頭皮に塗ります。フォームタイプは液垂れしにくく扱いやすいのがメリット。ローションタイプと比べて速乾性にも優れており、使い勝手の良さで人気があります。残念ながら日本でロゲインを取り扱っている店はありません。もしロゲインを使用したい場合は、個人輸入か個人輸入代行業者を利用して購入する必要があります。

☆リアップとロゲイン!ミノキシジルの配合量対決
リアップシリーズとロゲインシリーズのミノキシジル配合量を比較してみましょう。男性用のリアップシリーズは全部で4種類です。そのうちリアップ、リアッププラス、リアップジェットのミノキシジル配合量は1%、リアップX5プラスのみ5%となっています。ロゲインは前述したとおり2種類ありますが、ローションタイプとフォームタイプ共に5%のミノキシジルが配合されています。5%より多い製品はリアップにもロゲインにもありませんので、配合量の上限は同じということになりますね。ただ、1%と少ない配合量はリアップのみですので、使用感や効果、副作用などをとりあえず試してみたい場合にはリアップシリーズがおすすめです。薬局で購入できるのもリアップのメリット。ただし、リアップシリーズはすべてローションタイプで、フォームタイプはロゲインのみです。泡状のほうが扱いやすく枕や帽子に付着しにくいため、使用感の良さで選ぶならロゲインのほうが良いかもしれません。

☆リアップとロゲイン!価格の違い対決
まずリアップシリーズのそれぞれの価格を見ていきます。一番安いのはリアップジェット100mlで3,800円、次にリアッププラス60mlで5,239円、リアップ60mlで5,500円、120mlで9,500円です。一番高いのはミノキシジル5%配合のリアップX5プラス60mlで7,048円。すべて2017年6月現在の税抜価格です。対してロゲインはアメリカからの輸入になるため、そのときの為替や輸入代行業者によって若干の違いはあります。2017年6月現在ある大手輸入代行業者の場合だと、ロゲイン2本・スポイトセットが5,520円、本体のみ1本スポイトなしで4,180円です。2本セットで購入すると1本2,760円ですので、ロゲインよりリアップX5プラスのほうが約2.6倍高い計算になります。ミノキシジル1%のリアップやリアッププラスなどよりも安いですよね。輸入になるため購入できる本数に制限があるほか、手元に届くまでの日数はかかりますが、コストパフォーマンスのみで考えるとロゲインのほうがグンとお得だと言えます。

☆リアップとロゲイン!副作用の有無対決
リアップとロゲインの副作用はどう変わるのでしょうか?考えられるのはミノキシジルによる副作用です。リアップもロゲインもミノキシジルの最高配合量は5%。配合量に違いがなく、リアップはロゲインを元に開発されていることを考えると、メーカーによる副作用はさほど違いはないと言って良いでしょう。両製品に共通する副作用は、頭皮の炎症や肌荒れ、動悸やめまい、体重増加などです。インターネットの口コミなどを見ると、両製品ともに使用後のベタつきを感じることがあるようです。使用する際に医師への相談が必要な人も、両製品共通しています。高血圧用の血圧降下剤として開発されたため、高血圧の薬を飲んでいる人やもともと低血圧の人は注意が必要ですし、心臓や腎臓に疾患のある人、むくみのある人も気をつけなければなりません。女性と未成年に関しては使用禁止になっています。リアップもロゲインも副作用は同等に出る可能性が高いため、用量・用法を守って使用することが大切です。男性でも副作用がでる可能性があるため、万一使用中に異常が生じたら医師の診察を受けるようにしましょう。

☆まとめ
リアップはミノキシジルの配合量を選ぶことができる反面、ロゲインと比べると価格は高いです。ロゲインは価格が安くコストパフォーマンスに優れていますが輸入代行業者からの購入となるため、一度に購入できる数に制限がかかります。両者ともミノキシジルの配合量は5%までですので、購入の際は手間や価格などを考えて続けやすいほうを選ぶようにしましょう。
関連記事:安く購入したい人必見!リアップのジェネリックは存在する?

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?