リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2017年7月12日

リアップより安いのがうれしい!カークランドを比較検討してみよう

薄毛や脱毛が気になる男性にとって、どの発毛剤を使うかは重要な問題です。しかし、日本製の発毛剤はリアップ一択になるため、それ以外選び用がありませんよね。とは言っても、いろいろな発毛剤を試してみたい、効果のある発毛剤が知りたいと思う人もいるのではないでしょうか?発毛剤は何も日本製だけではありません。発毛の主要成分はミノキシジルというのが世界の共通点。今回は数ある発毛剤の中でもカークランドに焦点を当てて、リアップとの違いを解説していきます。

☆安くて効果がある発毛剤!海外から取り寄せようと思う?
もし海外に安くて効果のある発毛剤があれば、取り寄せたいと思いますか?177名の男性にアンケートをお願いしました。

【質問】
安くて効果のある発毛剤があったら、海外から取り寄せようと思いますか?

【回答数】
思う:79
思わない:98

調査地域:全国
調査対象:【性別】男性
調査期間:2017年05月29日~2017年06月05日
有効回答数:177サンプル

★安くて効果があっても海外の発毛剤は心配?
全体の57%の人は「思わない」、43%の人は「思う」と答えました。では、「思わない」を選んだ理由から見てみましょう。

・「安くて効果がある」のはとても魅力的ですが、海外製品で個人取り寄せとなると副作用やら色々と怖いので取り寄せません。(40代/正社員)
・海外から取り寄せるのは、面倒なので多少高くても購入しやすいものを使いたいと思います。(30代/正社員)

思わないと回答した人は安全面で不安に思うようですね。購入の手間がかかるのもネックなようです。次に「思う」と回答した人のコメントも見てみましょう。

・海外の薬品の方が総じて安価であるので取り寄せると思う。それくらい切実。(40代/正社員)
・出所に信用のあるものに限りますが、安くて効果があるなら誰でも欲しいでしょう。(50代/個人事業主・フリーランス)

思うと回答した人は薄毛の悩みが深いようで、継続するために安ければ取り寄せたいとのことでした。

思うと回答した人でも、海外の製品に対して不安を持っているようです。そのため、口コミや製造元のことをよく調べて問題ないようなら購入するとのことでした。やはり安全性の確保がどの回答でも共通する認識のようです。

☆リアップはお高い… と思ったらカークランドを試してみて
リアップもカークランドもミノキシジル配合の発毛剤です。カークランドはローションタイプとフォームタイプがあり、ローションタイプの価格は2本のスポイト付きで3,680円、フォームタイプ2本で6,530円です(2017年6月現在/為替や個人輸入代行業者によって変わる)。ローションタイプ1本で計算すると1,840円、フォームタイプは3,265円。リアップシリーズの中でミノキシジル配合量が一番多いリアップX5プラスが1本7,048円ですから、カークランドのローションタイプより約3.8倍も高いことになります。カークランドの安さの秘密はミノキシジル配合発毛剤の元祖、ロゲインのジェネリックだから。発毛剤は使い続けないと効果が現れにくいという特性があるため、リアップX5プラスで高いと思う人は同じ配合率のカークランドを購入するほうが断然お得です。ロゲインと同じくカークランドも日本の薬局では取り扱っていないため、購入にあたっては個人輸入で取り寄せるか個人輸入代行業者を利用することになります。だいたいは代行業者経由で購入する人が多いようですが、業者の中には本物と偽った製品を高額で売りつけることもあるため、大手の輸入代行業者を使用するほうが安心して購入することができます。

☆発毛剤といえばミノキシジル!カークランドにはどれくらい入っている?
リアップはミノキシジルが1%配合されているタイプと5%配合されているタイプがあるのに対し、カークランドのミノキシジル配合量は5%のみです。両者ともミノキシジル配合量の上限は5%ですので、価格を重視するのであればカークランドのほうがおすすめです。ただし、使いたいときにすぐ購入できるほうが良いという人は、リアップのほうが良いでしょう。カークランドは輸入になるので手元に届くまでには1週間以上かかります。その点、リアップであれば薬剤師のいるドラッグストアで購入できるので手軽ですよね。発毛剤を初めて使うという人もカークランドよりリアップのほうが安心です。内服タイプのミノキシジルに比べて外用薬は副作用の影響は少ない傾向にあります。それでも体にどのような症状が出るかは使ってみないとわかりません。リアップであれば薬剤師から詳しい説明を受けることができ、不安な点は質問することも可能です。ミノキシジル1%のリアップからスタートして問題なく使用できることがわかってから、より値段の安いカークランドに切り替えても遅くはありません。発毛剤は使い続けないと効果は出てこないので、試すならリアップ、継続するならカークランドという使い方がおすすめです。

☆使い心地や効果が気になる!ちゃんと髪の毛が生えるかな?
カークランドの使い方は、ローションタイプもフォームタイプも1日2回で、1回につき1mlを使用します。ローションタイプはスポイトで薬剤を吸い取って頭に塗布します。フォームタイプはプッシュして手に泡を出して使います。ムースタイプの整髪剤のような使い心地で、ローションタイプのような液垂れがなくヘアスタイリングがしやすいのが特徴です。両者とも薄毛や脱毛が気になる頭頂部に塗ってからやさしくマッサージしてください。増毛効果は4ヶ月程経たないと実感できないケースが多く、人によっては初期脱毛が起こることもあります。頭皮の荒れや炎症が起きた場合は使用を中止して様子を見る必要がありますが、初期脱毛は効果があらわれている証拠でもありますので根気強く続けることが必要です。副作用は頭皮の炎症や動悸、ほてりなどで、ローションとフォームの違いで副作用が変わることはありません。そのため、ローションタイプにするかフォームタイプにするかは、値段とその扱いやすさが決め手になるでしょう。ローションタイプは液垂れしやすいけれど値段が安い、フォームタイプは扱いやすいけれど値段が高いということで、コストパフォーマンスを取るか使い勝手を取るかで選んでみてください。

☆まとめ
カークランドもリアップもミノキシジルの上限量には違いがないことがわかりました。あとは値段や購入の手間、使い心地などでどちらがいいかを決めていきましょう。日本製が安心できるならリアップを、コストパフォーマンスを選ぶならカークランドです。どちらを選ぶにしても副作用はだいたい同じです。体への影響が心配ならミノキシジルの配合量1%のリアップシリーズを使うほうが安心ですよ。
関連記事:安く購入したい人必見!リアップのジェネリックは存在する?