リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2018/10/23
更新日:2018/10/22

発毛剤、リアップジェットとリアップの効果を比較!

発毛剤、リアップジェットとリアップの効果を比較!

リアップジェット、という発毛剤を知っていますか?多くの人は「リアップは知っているけれど、リアップジェットってなに?リアップよりも期待できるの?」といったような疑問を抱くのではないでしょうか。2つの違いやリアップジェットについて解説します。

リアップジェットとリアップの基本情報を確認

「リアップジェット」について簡単に説明するなら、塗るタイプだった「リアップ」が噴射するタイプになったものです。もちろん、成分などの違いもありますが、相違点は後ほどご説明します。

そもそもリアップとはどういったものなのか、おさらいしておきましょう。

リアップとは?

リアップは、大正製薬が販売している医薬品です。壮年性脱毛症に有効である、日本初の市販の発毛剤なので、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。リアップには「ミノキシジル」という成分が含まれており、その成分の作用が脱毛症に効果的なんです。

ミノキシジルの作用は、「血管の拡張」「発毛の促進」の2つです。この2つについて、詳しく解説していきます。

・血管の拡張

ミノキシジルは血管を拡張し、血行を良くしてくれます。髪の毛も血管と繋がっていて、その血管から栄養素を摂り入れているので、髪の毛の状態は血行と関係しています。血流が増進されることで、髪の毛の成長のために欠かせない栄養素が髪まで届くようになり、発毛が促されます。

・発毛の促進

ミノキシジルはアデノシンという成分を分泌するのですが、そのアデノシンが毛乳頭細胞を刺激します。毛乳頭細胞は毛母細胞と連携して、発毛や脱毛をつかさどっている細胞です。毛乳頭細胞が刺激されると、成長因子が分泌されます。

この、成長因子を分泌させる作用と、血管拡張作用によって、発毛は促進されます。

リアップジェットにも、もちろんミノキシジルが含まれています。リアップとの違いはミノキシジルの含有量なのでは、と思う人もいるかもしれませんが、どうやら含有量は変わらないようです。ではどこが違うのか。異なる点を、ご紹介しましょう。

リアップジェットとリアップはどう違う?

リアップジェットとリアップの違いが分からないと、どちらを購入すれば良いのか悩んでしまいますよね。含有量が同じならどちらでも良い、と思う方もいるでしょう。ですが、その違いについて知っておいて損はありません。どちらがより魅力的か、相違点から判断してみてはいかがでしょう。

リアップジェットがリアップと異なる点、「使用方法」と「成分」の2つについて詳しく書いていきます。

リアップジェットは噴射タイプで爽快感が魅力

はじめに述べた通り、リアップジェットは噴射タイプです。といっても、スプレーのように吹きかけるのではなく、容器の噴射部のロックを解除して、頭皮に容器先端を押し当てることで噴射します。
かなり勢いよく噴射されるので、爽快感が魅力です。

リアップの場合、頭皮に直接塗るため、べたついたり、乾燥後に髪がごわごわしたりしてしまいます。リアップジェットはそういった髪質の違和感が解消されるので、髪のべたつきが気になる、といった方はリアップジェットを使用する方が良いでしょう。

リアップジェットは、リアップよりも有効成分が増えている

リアップ(100ml)に含まれている成分は、以下になります。

    ・ミノキシジル1g
    ・プロピレングリコール(添加物)
    ・エタノール(添加物)

一方、リアップジェット(100ml)には、以下のような成分が含まれています。

    ・ミノキシジル1g
    ・パントテニールエチルエーテル
    ・トコフェロール酢酸エステル
    ・l-メントール

リアップには含まれていなかった成分「パントテニールエチルエーテル」「トコフェロール酢酸エステル」「l-メントール」の3つにはどんな効果が期待できるのか、それぞれ書いていきましょう。

「パントテニールエチルエーテル」

パントテニールエチルエーテルは、パントテン酸誘導体によって毛細胞に栄養を補給してくれます。また、保湿性が高い成分のため、ふけやかゆみを軽減する効果も期待できます。また、パントテニールエチルエーテルには抗炎症作用があるので、頭皮の炎症のケアも期待できます。ただし、初期の炎症の場合のみですので、炎症が進行していると効果は期待できません。

「トコフェロール酢酸エステル」

トコフェロール酢酸エステルは、抗酸化作用によって、頭皮の汚れ・炎症・かゆみを抑えてくれます。かゆみやふけの原因となる過酸化脂質の生成が防がれるので、頭皮が保護されるのです。人工的に作られたビタミンEの一種ですので、血行促進作用も期待できます。

「l-メントール」

l-メントールは、清涼感を与えてくれます。かゆみを鎮めてくれるので、爽やかな感覚が得られます。すうっと冷えるような感覚がしますが、冷やされているわけではありません。
また、血管を拡張して血流を良くするという作用もあります。抗菌作用もあるので、ふけやかゆみが抑えられます。

リアップジェットとリアップの違いは、大きく分けると使用方法と成分です。ただ、うれしい効果が期待できても、副作用が心配になるでしょう。そこで、副作用についても調べてみました。

リアップジェットとリアップの副作用の違いは?

リアップジェットは清涼感があり、ミノキシジルの含有量も少ないのですが、それでも副作用が出ることはあります。含有量が少なくても、ミノキシジルによって不調をきたすこともあるでしょう。副作用に関してはリアップと変わりません。副作用を2つに分けて、解説していきます。

頭痛、めまい、内臓への負担

ミノキシジルが血管を拡張し、血流を増進することで、頭部に送られる血液量も増えます。それによって、頭痛やめまいを引き起こします。頭部に流れる血液量が普段と変わることで、かゆみを感じる場合もあります。また、心臓から送り出す血液の量も増加するため、心臓に負担がかかり、ほかの臓器にも影響が及ぶこともあります。内臓が弱い人は注意が必要です。

血圧の低下

もともと降圧剤でもあったミノキシジルには、血圧を下げる作用もあります。そのため、低血圧の方や降圧剤を服用している方には、ミノキシジルをおすすめしません。含有量が少ないからといって、安心はできません。血圧が下がり過ぎてしまう可能性があります。

こういった副作用が心配な方は、自己判断で使用してみる前に、医師へ相談するのが良いでしょう。副作用がひどい場合は、リアップジェットの使用を控えた方が良いです。
副作用のリスクを高めないように、容量や用法を守りましょう。

リアップジェットで気持ち良く発毛を促そう

リアップジェットは噴射タイプなのでリアップに比べて爽快感があり、べたついたりすることがありません。「ミノキシジル」だけでなく、「パントテニールエチルエーテル」「トコフェロール酢酸エステル」「l-メントール」による効果も期待できるので、さっぱりと気持ちよく、発毛を促せるでしょう。髪のべたつきが気になる人には特に、リアップジェットをおすすめします。

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?