リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2018年5月9日

人気育毛剤リアップX5プラスに副作用ってあるの?


脱毛の悩みは抱えている本人にとっては重大な悩みです。リアップX5プラスを購入しようと検討しているけれど、副作用が気になって購入ボタンを押せないという方もいるかもしれません。

副作用が気になっている方は、ネットで副作用があるという情報や過去に新聞などの報道でみたことがあるからではないでしょうか。リアップは注意が必要な人もいるのは事実ですが、自分が該当するかどうか正しい知識をもっておきましょう。

リアップX5プラスの成分とは

リアップX5プラスだけでなく、リアップシリーズの主成分は「ミノキシジル」という成分で、通常のリアップに比べてX5プラスは5倍ミノキシジルが含まれています。100ml中、通常のリアップはミノキシジルが1.0g、リアップX5プラスはミノキシジルが5.0g含まれています。

このミノキシジルが、「壮年性脱毛症発毛」、つまり加齢での脱毛に対してのみ、育毛の効果と脱毛、抜け毛の進行予防効果があります。このミノキシジルはもともと高血圧症を治療する目的の薬に含まれているものです。

高血圧治療薬のミノキシジルの成分には発毛効果があることは知られていませんでしたが、薬の副作用として多毛・発毛がみられていたことから、研究されるようになりました。それから多くの研究、臨床実験が進められてデータを集めたことで発毛効果があると認められました。

つまり、リアップの主成分であるミノキシジルには本来の目的であった「血圧に関する作用」があり、それが血圧に関する商品として販売していないリアップシリーズの副作用にあたるということになります。

リアップX5プラスは薬剤師の説明必須な医薬品

リアップX5プラスは医師の処方箋がなしで購入できる一般医薬品です。一般の人が処方箋なしで購入できる医薬品にはその効果や成分により第一類から第三類に分類されています。

数字が小さいほど販売の規則が厳しくなっており、第三類医薬品は薬剤師の資格をもっていない登録販売者からも特に説明なしに購入することが可能です。第一類医薬品は購入時に年齢や副作用が影響する可能性がある場合には販売されないケースもあります。医薬品の説明をしたうえで副作用の影響が少ない人にしか販売できないように定められているのです。

リアップは第一類医薬品なのでネット通販でも必ず薬剤師から説明を受ける必要がある医薬品で、リアップX5プラスはしっかりと薬剤師の説明を受け、副作用なども納得をしてから購入しなければいけない商品です。このように販売方法が定められているので、副作用を知らずに使用する危険性は通常ではありません。ですが、どのような人がリアップX5プラスを避けるべきかは購入前に知っておきましょう。

リアップX5プラスの副作用が懸念される人とは

リアップX5プラスは脱毛の原因を治す医薬品ではないので、円形脱毛症など、加齢での脱毛とは異なるなんらかの病気が原因の脱毛の方は対象とされていません。また血圧に影響がでる副作用が考えられることから、血圧や心臓に関しての病気をもっている、あるいは治療中の方は注意が必要です。

薬剤師に相談するべき人は下記となっています。もちろん、該当しなくても副作用が不安であれば購入前に相談しましょう。

・他の薬でアレルギー症状がでたことのある人
・高血圧、低血圧で治療を受けている方
・女性
・心臓や腎臓で治療を受けている人
・親族に年齢による脱毛の症状がでている人がおらず、はっきりと脱毛の原因が加齢とはいえない人
・甲状腺機能障害の診断をされている人(甲状腺が原因の可能性があるため)
・20歳未満および65歳以上

他にも、ミノキシジルを多量摂取する状況になると副作用がでる可能性があるので、他の発毛・育毛剤との併用や、リアップを口から飲むことは禁止されています。

リアップX5は副作用が危険という報道を見たことがある?

おそらくリアップの副作用を懸念している方もおられるかと思われます。ネットもしくは過去に新聞やテレビなどの報道で副作用や死亡例をみたことがある、という理由ではないでしょうか。

実際に2003年に下記の内容の報道がありました。

・一般用医薬品の副作用で死亡したと疑われる例があった
・事例は3年間で10例、厚生労働省に報告されている
・10例のうち、3例がミノキシジル製剤を使用していた

確かにこういった報道があると、ミノキシジルは危険な副作用がでるのではにないか!?と不安になってしまいます。

通常死亡例がでるような副作用のある医薬品があれば、国で規制をしなければいけません。ですが第158回国会にて厚生労働省に届いた報告や論文をもとに、ミノキシジルの使用と心不全などの症状に関係があるとはいえないといった回答を2004年にしています。

さらにその後、リアップとリアップX5は医薬品として厚生労働省から審査を受けており、その結果では、副作用の発症は一部にみられたものの重大なものではなく、すぐに使用を中止したことで回復した、と記載されているのです。

副作用の危険性は少ないが、心配な方は薬剤師に相談しましょう

このように、リアップX5プラスは一定、副作用の危険性は少ないと認定されている医薬品ですのでただちに命に危険が出るとは言えません。血圧など不安な部分がある方は薬剤師に相談してから購入しましょう。もちろん販売方法にかかわらず、薬剤師からの説明は必須となっているのでネット購入でも相談可能です。

リアップで脱毛の症状改善できれば、「もしかして影で頭の話をされているかも…?」といった不安や、鏡をみる度に切なくなることはなくなります。

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?