リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2018年5月31日

リアップX5プラスローションとリアップX5はどう違うの?


2015年に「リアップX5」がリニューアルされ、「リアップX5プラスローション」と名前が変わりました。主要成分であるミノキシジルの配合はそのままに、新たに追加した成分の効果によってより育毛効果が期待できる商品となりましたが、リニューアル前との違いはどのようなものがあるのでしょうか?これからリニューアル前のリアップX5と、リニューアル後のリアップX5プラスローションを比較して、効果が期待できるかどうかを検証していきます。

リアップX5プラスローションの主要性分とその効果は?

リニューアルしたリアップX5プラスローションですが、リニューアル前のリアップX5との違いを考える目安になるのがまず主要成分です。多くの商品はリニューアルしたときに主要成分や配合成分を見直し、分量を変えることが多いのですが、リアップX5プラスローションはリニューアル前と同じミノキシジルが主要成分で、配合量も5%と変わりません。

ミノキシジルの主な効果は次のようなものがあります。

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張し血行をよくすることで、髪の毛の育成に重要な役割を果たしている毛母細胞に働きかけてくれます。毛母細胞に働きかけることで、今まで弱っていた髪の毛や生える手前で成長が止まっているような髪の毛の成長を促してくれるのです。一般的に壮年性の脱毛症に対する発毛や育毛を促し、抜け毛の進行を防ぐ効果があるとされています。

リアップX5プラスローションの新たな成分とは?

リアップシリーズで使用している主要成分のミノキシジルは、発毛効果が認められています。そのためリアップシリーズは第一類医薬品になっており、その中でもミノキシジルの配合量の多いリアップX5では、発毛効果がかなり期待できるといわれています。

リアップX5プラスローションは新成分で頭皮環境を整える

リアップX5プラスローションでは、ミノキシジルの効果がより出やすくなるように、「ピリドキシン塩酸塩」「トコフェロール酢酸エステル」「l-メントール」「セタノール」の4つの成分を配合しています。

リアップX5ではこの4つの成分が配合されていませんでした。添加物は同じものが配合されていますが、髪の毛に有効な成分はミノキシジルしか入っておらず、皮脂などの対策をするには育毛ローションなどを使う必要があったのです。しかし、リアップX5プラスローションで新たに4つの成分を配合したことにより、1本で頭皮の状態の改善ができるようになりました。

・トコフェロール酢酸エステル

皮脂には独特のにおいがあり頭皮のにおいの原因になるものです。そして皮脂が酸化してしまうことで過酸化物質と呼ばれる物質が発生します。この過酸化物質は頭皮の炎症を起こします。トコフェロール酢酸エステルは過酸化物質を抑制することで、気になる頭皮のにおいや炎症を防いでくれる役割があるのです。

・ピリドキシン塩酸塩
トコフェロール酢酸エステルと同じように頭皮の脂対策で配合されている成分で、皮脂を抑えてくれる働きがあるのです。また皮脂が過剰に出ている状態では、ミノキシジルが頭皮の奥までしみこむことができないため、ミノキシジルがしっかりと頭皮の奥まで届くように助けてくれる成分でもあります。

・I-メントール
I-メントールは他社製品でも育毛トニックなどに使われている成分で、清涼感を与えてくれます。
また、かゆみを防いでくれる役割も持っている成分です。

・セタノール
セタノールは添加物で、直接発毛や育毛にかかわる成分ではありません。セタノールには頭皮にうるおいを与え、頭皮を柔らかくする「エモリエント効果」が期待できる物質です。女性の使用する保湿ローションや化粧品などにも含まれており、副作用の心配のない成分となっています。

リアップX5プラスローションが以前と変わらないもの

リアップX5プラスローションでは、リニューアル前のリアップX5と変わらないものがいくつかあります。まず販売方法や用量、用法はリニューアル前と変わっていません。しかしロゴとボトルデザインが少し変わりました。4つの新成分が配合されてはいるものの、副作用についてもリニューアル前と変わらないので、心臓や腎臓が弱い人や障害のある人、血圧に問題のある人は医師や薬剤師に相談してから使用しなければならない点や、女性が使用できない点も変わりありません。

また、効果がないからといって他の育毛剤や軟膏などと併用した場合、成分の相性などで肌トラブルが起きたり、ミノキシジルがきちんと効果を出すことができなかったりする可能性があるので、併用ができないのもリニューアル前と同じです。

リニューアル前と変わらない点を見てみると、リアップX5プラスローションでは、新しい成分をプラスして頭皮環境を整えることで、ミノキシジルの効果を高めることができてはいますが、副作用や使い方などは変わっていないといえます。

リアップX5プラスローションの副作用とは?

リアップX5プラスローションは、リニューアル前のリアップX5のときから、副作用が出る確率が他の育毛剤と比べると高い商品でした。医薬品なので効果が強い分、体質に合わない、あるいは心臓や腎臓、血圧などに問題があると副作用が出たりすることがあります。

リアップX5プラスローションを使っているときに急に体調が悪くなったり、副作用の症状が出てしまったりしたときは、すぐに使用を中止してかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

・皮膚への副作用
リアップX5プラスローションを付けた部分が赤くなる、発疹やかゆみ、かぶれが起きるといったものやフケが出てくる、リアップX5プラスローションを付けたところが熱を持つといったものがあります。

・精神神経系の副作用
リアップX5プラスローションを使うことで、頭痛やめまい、気が遠くなって倒れるといったことが起こる場合があります。

・循環器や代謝への副作用
循環器系に副作用が起こるときは、脈が速くなったり、胸部の痛みが出たりすることがあるほか、新陳代謝に関するものだと、原因不明の体重増加や手足のむくみといったものがあります。

リアップX5プラスローションは体質・体調に合わせて使おう

リアップX5プラスローションは、リアップX5に新成分を追加してより効果が出やすくしている商品です。医薬品なのでその効果が強いため、体調や体質に合わなければ副作用が出ることもあります。

いくら効果がある薬でも、体質に合わなければ逆効果となってしまうこともありますので、使用する際は自分の体質や体調をきちんと把握してリアップX5プラスローションを上手に使っていきましょう。

また副作用が心配という人や、抜け毛が最近増えて来たというような軽度の脱毛症状の人は、ミノキシジルの配合量の少ないリアップ商品から使用してみたほうがよいでしょう。

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?