リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

リアップは若ハゲに効果あり!?学生のうちから薄毛対策!


「最近髪に元気がないように感じる、でもまだ若いから大丈夫」と思っていませんか。若くてもハゲてしまうことを「若ハゲ」と言い、まだ中学生だとしてもその傾向が現れる人はいます。

リアップは若ハゲにも使える製品だとされていますが、原因によっては使えない場合もあります。リアップが使える若ハゲはどのようなタイプなのか、考えられる若ハゲの原因とともに生活面での対策などもお伝えするので参考にしてみてください。

リアップを使う前に知りたい若ハゲの一般的な定義

若ハゲは若年性脱毛症とも呼ばれ、一般的には本来加齢による薄毛が始まる年代ではないにもかかわらず既に薄毛が始まっている症状を指します。早ければ10代でも若ハゲになる人はおり、20代や30代で薄毛の進行が見られる人もこの若ハゲに当てはまります。

若ハゲは男性モルモンである「テストステロン」という成分により抜け毛が生じている状態です。「テストステロン」は「ジヒドロテストステロン」という髪の成長を止めてしまい抜け毛の原因となる成分に変化します。テストステロンが毛乳頭および皮脂腺に存在する酵素と結びついてしまうことで、より強力な男性ホルモンに変化するというわけです。このホルモンにより成長期に入った毛根細胞の働きが妨げられ、本来まだ寿命があるはずの髪さえも抜け落ちてしまいます。

逆に40代以降の中年からなる薄毛は若ハゲとは言いません。テストステロンの影響でハゲの症状が強く出てしまうAGAの人もいますが、この時期になると加齢による身体の衰えとともに頭髪も衰えてくるからです。特に60歳を過ぎたころに髪だけではなく体毛も薄くなることを老人性脱毛症と言います。この時期は細胞の機能も低下してくる時期なので抜け毛も自然な現象であり、リアップなどで対策を打っておかなければ留まることなく脱毛が進行します。

若ハゲの原因を知ったうえでリアップやその他の対策法を打つようにする

若ハゲは確かに男性ホルモンの影響を強く受けてなりますが、原因はそれだけではありません。中高年だと動脈硬化といった血行不良が進行を早めるように、若いうちになる薄毛は生活習慣が進行を早めることになります。

遺伝性で男性ホルモンの影響によりなる若ハゲの場合、薄毛の進行は生活習慣の改善やリアップなどで対策を打つことで少しでも遅らせることができます。注意したいのは同じ若年性脱毛症でも何らかの疾患が原因でなる薄毛です。

脱毛は免疫疾患や甲状腺ホルモンの異常でもなります。他にも内臓系の疾患や精神疾患なども脱毛の原因となります。もしも若くして急に脱毛が始まったときは、病気の可能性がないかどうかも考えてみましょう。

特定の原因でなる若ハゲは部分的に過度な薄毛になることが多いです。ストレス過多による円形脱毛症が典型的な例です。生え際から後退するM字やU字ハゲではない場合、遺伝だけではなく何か他に原因がないかどうか探ってみてください。

リアップは中高年のハゲだけではなく若ハゲにも使える

リアップは原因が特定の病気やストレスといった1時的なものではない場合に使用するようにします。育毛剤は頭皮ケアができるうえ髪に栄養を届ける役割も果たしてくれるので、リアップも十分若ハゲに利用できる製品です。

毛が完全になくなった状態で対策を打つよりも、早いうちに対策をとったほうがいいでしょう。リアップは確かに薄毛が進行した中高年以降の年代をメインターゲットにされていますが、これは薄毛になる人が中高年以降に多いというだけで、若ハゲに効果がないわけではありません。上述のように臓器などの異常やストレスといった特定の理由で急に薄毛になるのではなく、遺伝や生活習慣による頭皮環境の悪化が原因であれば、リアップで若ハゲの対策をとることができます。

また注意したいのは脂漏性湿疹の場合です。これはマラセチアという常在菌が過剰に増えてしまったことによりなる症状であり、皮脂分泌が異常なほど増えフケなどが目立つようになります。確かに頭皮環境の悪化のように見えますが、この場合は育毛剤では対処できません。頭皮の荒れがひどくなったりフケが多すぎたりする場合は病院に行きましょう。

リアップの使用とともに行いたい若ハゲ対策

いくらリアップを使っても頭皮や毛髪によくない生活を行っていると効果が十分に得られません。育毛剤の力を最大限発揮させるためにも生活環境を改めていきましょう。

まずホルモンバランスを整えるためにも、ストレスをかかえない生活を心身ともに送れるようにします。精神が不調である場合、心的不安を取り除けるように自分なりのストレス解消法を見つけ、必要であればカウンセリングを受けるようにしましょう。

ホルモンの分泌を整えるために欠かせないのが睡眠です。睡眠時間が短いとホルモンの分泌が得られないどころか、ストレスも解消されず髪の成長を妨げてしまいます。

髪を作るためには食事で栄養を摂ることも大事です。食事で摂取しづらい栄養素は育毛サプリメントも上手に利用して摂るようにしましょう。大事な髪の栄養素であるにもかかわらず不足しがちなのが亜鉛です。だからといって髪にいいという栄養ばかり摂るのではなく、身体に必要な栄養をバランスよく摂取することが大切になります。いま現在、不摂生を働いている人は健康的な食事を心掛けるだけでもしてみてください。

他にも有酸素運動や頭皮マッサージで血行をよくし、洗髪を毎日行い髪と頭皮の衛生面に気を使うことなどが若ハゲへの対策となります。育毛剤とともに行うべき薄毛対策はたくさんあるので、できるところから始めてみましょう。

遺伝性の若ハゲはリアップと生活面の両方で対策を

リアップは若ハゲにも使える製品ですが、若ハゲの原因が特定の病気によるものやストレスによりなるものだった場合には向きません。徐々に進行ではなく一気にしかも部分的に抜け落ちるような症状があったら病院にかかりましょう。炎症を起こしているなど頭皮に明らかな異常が現れている場合も同様です。遺伝であり徐々に進行するタイプの若ハゲであれば、リアップを使用ながら食生活や睡眠、運動に気を配るなど生活面も改めることにより適切な薄毛予防をすることができます。

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤