リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2018/07/31

リアップを徹底検証!データによる発毛効果や、副作用、最適な使い方についても解説


薄毛対策を考えるうえで、多くの人が選択肢に挙げるリアップ。リアップシリーズには数種類の製品がありますが、どういった違いがあるのでしょうか。リアップシリーズの製品の成分による違いを解説したうえで、臨床データによる発毛効果や副作用、使い方などについてまとめました。

リアップとは?

リアップは、有効成分としてミノキシジルを配合し、壮年性脱毛症の育毛・発毛効果が認められている発毛剤で、第一類医薬品です。これまで日本で発売されている育毛剤は、「育毛」の効果が認められているものであったのに対して、リアップは「発毛」の効果や「脱毛の進行予防」の効果が認められた、日本で初めての製品なのです。

また、通常、処方箋なしでドラックストアで購入できるOTC医薬品は、医療用医薬品として使用された実績があります。一方、リアップは医療用医薬品という段階を踏まずに、OTC医薬品として販売されたという点でも、日本初の製品になります。

リアップの種類とその成分の違いとは?

リアップシリーズの発毛剤には、いくつかの種類があります。男性用は「リアップ」と、リアップを進化させた「リアッププラス」「リアップジェット」「リアップX5プラス」の4種類です。女性用としては、「リアップジェンヌ」があります。また、「フレッシュリアップ」はミノキシジルが配合されていない、医薬部外品の育毛剤です。さらに、ヘアケア製品として「プレリアップ」「リアップエナジー」が展開されています。

リアップシリーズの発毛剤や育毛剤の成分の違いを一覧にまとめました。

種別 対象 製品名 成分(100mL中)
第一類医薬品 男性用 リアップ (有効成分)ミノキシジル1g

(添加物)プロピレングリコール、エタノール
リアッププラス (有効成分)ミノキシジル1g、パントテニールエチルエーテル1g、トコフェロール酢酸エステル0.08g、l-メントール0.3g

(添加物)カミツレ油、1,3-ブチレングリコール、クエン酸、エタノール
リアップジェット (有効成分)ミノキシジル1g、パントテニールエチルエーテル1g、トコフェロール酢酸エステル0.08g、l-メントール0.3g

(添加物)添加物:カミツレ油、1.3-ブチレングリコール、クエン酸、 エタノール、DME

※薬液67mL、噴射剤33mL
リアップX5プラス (有効成分)ミノキシジル5g、ピリドキシン塩酸塩0.05g、トコフェロール酢酸エステル0.08g、l-メントール0.3g

(添加物)セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール
女性用 リアップジェンヌ (有効成分)ミノキシジル1g、パントテニールエチルエーテル1g、トコフェロール酢酸エステル0.08g、l-メントール0.3g

(添加物)1.3-ブチレングリコール、クエン酸、エタノール、ヒアルロン酸Na
医薬部外品 男性も女性も使用可能 フレッシュリアップ (有効成分)センブリ抽出液、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、
(その他の成分)延命草エキス-1、メントール、ハッカ油、ユーカリ油、ウイキョウ油、ホホバアルコール、BG、POE水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、エタノール、水、DME、二酸化炭素、pH調整剤

関連記事:いろいろあるリアップシリーズ製品をジャンルの違いから徹底紹介!

リアップx5プラス

「リアップX5プラス」は、「リアップ」はミノキシジルの配合が1%なのに対して、5%に含有率をアップさせた製品です。「リアップ」よりもミノキシジルが高濃度で配合されていることから、高い育毛・発毛効果が期待できます。

また、「リアップ」の有効成分はミノキシジルのみですが、「リアップX5プラス」にはピリドキシン塩酸塩とトコフェロール酢酸エステル、l-メントールも配合されていることも違う点です。

ミノキシジルは、頭皮の血管を拡張して、血流の流れを促進することで毛包に栄養を行き渡らせる効果や、毛包に作用して発毛を促進する効果があります。また、脱毛の進行を抑制する効果もある成分です。

そして、ピリドキシン塩酸塩などの3つの成分は頭皮の環境を整えて、ミノキシジルが育毛・発毛効果を発揮しやすい環境づくりをするために配合されました。頭皮を皮脂が覆っていると、ミノキシジルが浸透しにくくなります。ピリドキシン塩酸塩は、皮脂の過剰な分泌を抑えて、毛穴の皮脂が詰まりを防ぐ成分です。トコフェロール酢酸エステルには、皮脂の酸化や頭皮の炎症を抑えて保護する効果があります。l-メントールには頭皮の炎症やかゆみを抑制する効果があり、爽快感も得られる成分です。

関連記事:リアップx5購入前に知っておきたいその発毛効果や特徴、購入方法を徹底検証!

リアップジェット

「リアップジェット」はジェット式エアゾールのため、頭皮に容器を押し当てて噴射するだけで、簡単に塗布できるのが特徴です。液だれがしにくく扱いやすいこと、噴射の勢いが気持ちよく、メントール成分からも爽快感が得られることなどから支持されています。

「リアップジェット」の配合成分を見ていくと、ミノキシジルの含有率は1%と「リアップ」と同じで、「リアップX5プラス」よりも少ないです。また、パントテニールエチルエーテルという有効成分が配合されている点も異なります。パントテニールエチルエーテルは頭皮を保湿したり、毛母細胞に栄養を与えたりすることで、頭皮を健全な状態にする効果がある成分です。皮脂の酸化を防ぐトコフェロール酢酸エステルや、頭皮の炎症やかゆみを抑制する清涼感のある成分l-メントールが配合されているのは、「リアップX5プラス」と同じです。

関連記事:リアップジェットは効果あり!?成分と効果を紹介!

リアッププラス

「リアッププラス」のミノキシジルの配合量は、「リアップ」などと同じ1%です。「リアップ」との違いは、頭皮環境を整えるために3つの成分がプラスされている点です。「リアップジェット」と同様に、パントテニールエチルエーテルとトコフェロール酢酸エステル、l-メントールが配合されています。

「リアッププラス」と「リアップX5プラス」では、ミノキシジルが高濃度で含まれている「リアップX5プラス」の方が、発毛効果がより期待できます。一方、「リアップ」と「リアッププラス」では、ミノキシジルの配合量は同じですが、頭皮環境を整える成分が配合された「リアッププラス」の方が、効果が得られる可能性があります。

関連記事:
リアップとリアッププラスはどう違う?成分の違いを徹底紹介
発毛剤・育毛剤ホンネレビューvol.06【発毛剤・リアップ プラス編】

リアップ リジェンヌ

女性の薄毛には様々な原因がありますが、「リアップリジェンヌ」は女性の壮年性脱毛症に効果を発揮する発毛剤です。女性の場合、20代~40代にかけて壮年性脱毛症を起こすケースが多く、食事やストレス、生活環境などが影響して、ヘアサイクルが乱れることが原因とされています。女性用の発毛効果が認められる成分が入った発毛剤で、ドラッグストアで販売されているのは「リアップジェンヌ」だけです。

「リアップリジェンヌ」も、ミノキシジルが1%配合されている製品です。他のリアップ製品と同様に、血管拡張作用によって血流をよくして、髪の毛に栄養素を行き渡らせるとともに、毛包に直接働きかけて、発毛や育毛を促進する効果があります。また、頭皮の環境を整える成分として、トコフェロール酢酸エステルやパントテニールエチルエーテル、l-メントールが配合されています。さらに、保湿成分のヒアルロン酸Naが配合されているのが特徴です。

関連記事:リアップリジェンヌって本当に効果があるの?

リアップのシャンプー「リアップエナジー」「プレリアップ」

リアップシリーズのシャンプーには、「リアップエナジー」と「プレリアップ」があります。どちらも頭皮環境を改善するスカルプケア用の製品で、ミノキシジルは配合されていません。

「リアップエナジー」には、「ストロングオイリー(超脂性肌用)」「オイリー(脂性肌用)」「ドライ(乾燥肌用)」の3タイプがあり、発売時からリニューアルされています。朝から頭皮のベタつきが気になる人は「ストロングオイリー」、夕方になると頭皮のベタつきが気になる人は「オイリー」がおすすめです。そして、頭皮の乾燥やフケ、かゆみが気になる人は「トライ」といったように、肌質に合わせて選ぶことができます。

リアップエナジーはリニューアルによって、全タイプにタウリンが配合されました。タウリンは、傷んだ髪を修復する作用がある成分です。また、タイプごとに自然由来の成分が配合されています。「ストロングオイリー」に配合されているのは、殺菌作用や血行促進作用のあるサンショウ果皮エキス、保湿作用や血行促進作用のあるオランダガラシ葉、抗酸化作用や保湿作用のある茎エキスなどです。「オイリー」には、抗菌作用や抗酸化作用のあるアマチャヅル葉エキス、抗菌作用や肌を整える働きがあるドクダミエキスなどが配合されています。「ドライ」には、保湿作用や保水作用のあるマコンブエキスをはじめ、保湿作用や消炎作用のあるアロエベラ葉エキスとハトムギ種子エキスなどが入っています。

一方、「プレリアップ」のシャンプーは、「スカルプシャンプー」の1種類です。皮脂による毛穴の詰まりを洗い流して、フケやかゆみを防ぐことで、頭皮環境を整える効果が期待できるシャンプーです。殺菌作用のあるピロクトンオラミンや、保湿効果のある混合植物エキスや海藻エキス、ホホバアルコールなどが配合されています。

関連記事:リアップエナジーって薄毛対策に効果はあるの?

臨床データから見るリアップの効果

リアップはどの程度の育毛・発毛効果が見込めるのか、「リアップX5プラス」を1日2回使用した臨床データから見ていきます。

実験開始から1か月の段階では、医師の判断、被験者の印象ともに、「毛髪成長を感じた」との回答はわずかです。被験者の中には、2%ほど「悪くなった」の回答がありますが、初期脱毛が原因と感がられます。3ヵ月後には「毛髪成長を感じた」との回答は、医師の判断では6割近くとなり、被験者の印象でも4割を超えました。さらに、6か月後には「毛髪成長を感じた」と回答したのは、医師の判断では9割を超え、被験者の印象でも8割弱に及んでいます。

また、1平方センチメートル当たりの髪の毛の本数の変化を見ていくと、1か月後には1.4本増加し、3か月後には23.7本、6か月後にはさらに21.8本増えています。

毛母細胞が死滅してしまうと、ミノキシジルによる育毛・発毛効果が見込めなくなるため、早めに対処すれば、効果が期待できるといえるでしょう。

関連記事:ミノキシジルで効果がで始める期間とは?効果と副作用についても検証

リアップは女性の使用には注意が必要

ミノキシジルが配合された医薬品のリアップのうち、「リアップ」や「リアップジェット」、「リアッププラス」、「リアップX5プラス」は男性用の製品です。中でも、ミノキシジルの濃度が高い「リアップX5プラス」は、男性よりも頭皮が刺激に弱い女性が使用すると、かゆみや湿疹などの副作用が強く出る可能性があります。そこで、女性用には、ミノキシジルの含有率を「リアップ」などと同じ1%に抑えて、肌にやさしい成分をプラスした「リアップジェンヌ」が販売されました。

また、医薬部外品の「フレッシュリアップ」は、ミノキシジルが含まれていない育毛剤であり、男性だけではなく、女性も使用できます。

関連記事:リアップは女性でも使える!?リアップシリーズをチェック!

リアップの副作用

ミノキシジルが配合されているリアップの使用によって、死亡に至る重篤な副作用が起きないか懸念されることがあります。2003年には、一般用医薬品の副作用が疑われる死亡例の厚生労働省への報告が、過去3年間に10例あり、そのうち3例がミノキシジル製剤の使用者であったという報道がありました。しかし、因果関係は不明であり、2004年の国会でも、厚生労働省の報告や論文をもとに、ミノキシジルの使用と心不全など症状に因果関係があるとは言えないと結論づけられています。

ただし、リアップに配合されているミノキシジルは、もともと高血圧症の治療のための内服薬として開発されたものです。そのため、血圧に影響を及ぼす可能性があるため、高血圧の人や低血圧の人、心臓あるいは腎臓の疾患がある人などは、使用前に医師への相談が必要です。

関連記事:人気育毛剤リアップ、リアップX5プラスに副作用?効果を解説

リアップの初期脱毛とそのメカニズム

リアップの副作用として、初期脱毛が挙げられることがあります。しかし、毛髪が抜けると心配になってしまうかもしれませんが、ヘアサイクルが正常化するために欠かせない過程なのです。

毛髪は、毛母細胞の分裂によって髪が伸びる成長期と、成長が止まる退行期、新しい毛髪に押し上げられて抜け落ちる休止期からなるヘアサイクルを繰り返しています。壮年性脱毛症はヘアサイクルが乱れて成長期が短くなることで、毛が十分に育たず、細い毛のまま抜けてしまい、薄毛の状態になってしまうものです。

初期脱毛は健康な毛が成長してきたことで、もともとあった細くて弱い毛が抜け落ちてしまう現象です。初期脱毛が起き始めるタイミングは、リアップの使用開始から10日前後のケースが多いですが、1か月後に起こるケースもあります。

関連記事:リアップで初期脱毛は起こる!?初期脱毛のメカニズムを徹底紹介!

リアップの使い方

リアップは1日2回、決められた容量を守って使用します。2回のうちどちらかは、洗髪の
直後のタイミングにすると、ミノキシジルが浸透しやすいため効果的です。反対にリアップをつけた後、洗髪までは時間をおくことが推奨されています。

リアップは、容量を守って使用することができるように設計されています。「リアップX5プラス」を例にとると、容器を逆さにすると、1回の使用量の1mLがノズルの上の計量室にたまります。次に薄毛が気になる部分に1〜2cm間隔で、トントンと容器の先端を押し当てて塗布していきます。

規定の容量より多く使用しても効果は上がらず、炎症やかゆみなどの副作用のリスクが高まりますので、容量を守るようにしましょう。

関連記事:リアップX5プラスの効果的な使い方を知りたい!洗髪方法から塗るタイミングまで!

リアップの価格は?amazonなど通販などを含めてどこで購入するのがお得?

ミノキシジルが配合されているリアップは、第一類医薬品に分類されているため、ドラッグストアで購入する際には、薬剤師との面談を経ることが必要です。そのため、深夜まで営業しているドラッグストアであっても、薬剤師がいるときにしか購入することはできません。ただし、2014年6月12日に改正薬事法が施行されたことで、通販サイトでも使用者の状態をメールなどで確認することで、購入が可能となりました。通販サイトでの購入は、対面で薄毛について薬剤師に聞かれることがない点がメリットです。

通販サイトの「リアップX5プラス」の価格は、amazonなどを含めて調査した結果、2018年4月現在、「メディストック」の6500円が最安値でしたが、送料が一律600円かかります。「みんなのお薬」は6589円、「サンドラッグ」は6590円で送料がかからないため、こちらの方がお得といえます。

実店舗での販売価格は7500円程度のところが多いですので、通販サイトの方が安く買いやすいでしょう。

関連記事:店頭で買えるリアップ、どこで買うのがお得?価格を徹底調査!

リアップの製品による違いを理解して購入しよう

ミノキシジルが配合されているリアップは、高い育毛・発毛効果があることが、臨床データからもわかっています。肌が弱い人は「リアッププラス」や「リアップジェット」など、ミノキシジルの含有率が低い製品から使ってみると、副作用のリスクが抑えらえるので安心です。製品による配合成分の違いを理解したうえで、自分に合った製品を購入しましょう。

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?