リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

リアップの容器は再利用できる?廃棄方法は?


日本国内で唯一の発毛効果が認められた発毛剤リアップ。すでにその名は知らない人はいないであろうというほど有名ですが、実は今、その空き容器にも注目があつまっているようです。詰め替え用もないリアップなのに、空き容器を何に使うの?という疑問に答えるべく、その理由や利用方法を探ってみました。

海外品やジェネリックをリアップの容器へ詰め替える

リアップの空き容器を再利用する人が増えているようです。リアップには詰め替え用があるわけではないですし、一見不思議に思えるこの現象ですが、理由を知っていただければ納得できる話です。リアップの容器は本当に良くできていて、他の製品にはない使いやすさが特徴です。リアップを使ってその便利さを知ってしまうと、もう他の育毛剤や発毛剤の容器では「使いづらくて仕方ない」と思ってしまう方も多いようです。

特に多いのが、リアップの価格が高いために、もっと安い海外製品を個人輸入で購入してそれをリアップの空き容器に詰め替えて使っている、という人です。個人輸入や平行輸入でもリアップを購入することが可能です。海外製品は多少ですが国内より価格が低く設定されています。リアップは効果が出るまである程度の使用期間が必要で、基本的には半年程度は継続することが推奨されています。

そのためコストについては誰もが気になることになり、少しでも安価を求める方は海外製品に需要が向いているようです。しかし、海外製品はその容器が使いづらい点が難点といわれています。そのため空容器を再利用するという動きが始まったのです。結果的にこのムーブメントはリアップの容器の再利用という上手はリサイクルフローを定着させてしまいました。

ロゲインやロゲインのジェネリックであるポラリスは、ミノキシジル濃度が高い上に、価格もリアップと比べると半額程度で買えるものもあります。コスパを考えてロゲインやポラリスを買って、そのままでは使いづらいのでリアップの空き容器を利用するというのは、賢い方法といえるでしょう。

またそのほかにも、市販品ではない手作りの育毛剤などを、リアップの空き容器に入れて使っているという人もいるようです。

リアップの容器の使い勝手は育毛剤の塗布にも最適

ここでリアップの容器の便利さを再確認してみましょう。リアップX5の容器が有名ですが、他のリアップもリアップジェットや育毛シリーズ以外は、ほぼ同じような作りになっています。

リアップの使い方は、容器をたてにした状態でキャップをゆっくり回しては外し、その後容器を逆さまにします。ノズル部分が真下を向くようにして約3秒待つと、計量室に一回の使用量である1mlの薬液がたまります。

あとは容器の先端を直接頭皮に押し当てて、その後トントンと薄毛部分につけていくだけです。これだけのことで、薬液が頭皮の気になる部分に十分に広がります。

もう一点リアップ容器の便利なところは、育毛剤を無駄なくつけることができるということです。普通の育毛剤の容器だと、つい多く出しすぎてしまったり、一箇所に固まってドバっと出てしまったり、頭皮につくよりも先に髪の毛についてしまったりして、かなり無駄になることがあります。その点リアップの容器だと、決められた量しか出ませんし、小さな先端部分で直接頭皮につけていくので本当に必要な量だけをつけることができてとても経済的です。

再利用するには難しい!?リアップの容器の開け方

ただしリアップの容器は簡単にフタを取り外すことができません。メーカーも再利用防止をはかっているということなので、当然のことといえます。男性用リアップの容器は次の方法でフタを外すことができます。

  1. 計量器の下あたりに、ガッチリと噛み合っているツメのような部分が4箇所あるので確認。
  2. 噛み合っているツメの、下の部分だけをカッターで4箇所全て慎重に切り落とす。
  3. 親指で押し上げるようにして軽量器部分を外す。

この方法で外すと、ゆるくなって逆さまにしたときにフタが外れたり、液漏れしたりしないか心配になる部分もありますが、意外にツメを切り落としてもしっかりと噛み合うようで、液漏れなどはないようです。フタを外したら中を水でキレイに洗って、しっかり乾かしてから他の育毛剤などを入れて使うといいようです。

ただし1つの容器を何回くらい使えるのか、また衛生面での心配がないのかなどは不明です。もし入れ替え作業や繰り返しの使用で雑菌が入り、頭皮にトラブルが起きても自己責任ですので、不安な人はやらない方がいいかもしれません。

リアップの効率的な使用方法としての容器再利用

このようにリアップは便利な容器を再利用できます。本来の使い方ではないという点は気になりますが、高価なリアップを賢く使う手段として検討しても良いのではないでしょうか。高価なリアップをなるべくコストパフォーマンス良く使う方法として、容器のリサイクル、再利用はなかなか良い方法といえます。
リアップ容器の再利用をすることは、頭皮に無駄なく液がつけられるので、かなりお得ともいえそうです。

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?