リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2017年9月28日

リアップの効果を引き出す!正しい使い方を知ろう

リアップシリーズは国産の育毛剤・発毛剤のなかで唯一医薬品に指定されている製品です。リアップの有効成分ミノキシジルは効果がすでに実証された発毛成分であり、世界各国で薄毛治療に使われています。
ミノキシジルには毛根を活性化し、発毛・育毛を促す効果があります。
処方箋なしで買えるなど入手自体は簡単なリアップですが、効果が期待できるだけに値段も高めです。せっかく高いお金を払うのですから、最大限の発毛効果を実感したいですよね。そこでここではリアップの効果的な使い方について解説します。

#リアップを使う時に注意していることは?
実際リアップを使用したことのあるみなさんはどのようなことに気をつけているのでしょうか。全国のリアップ愛用者を対象にアンケート調査を実施してみました。

##リアップは医薬品!取扱説明書の指示は守ろう

やはり用法用量は守っていますね。へたに使いすぎると副作用やトラブルの元になりますから。(38歳/男性/正社員)

使用上の注意をなるべく守るようにしている(29歳/男性/学生)

頭皮マッサージと併用している(28歳/男性/正社員)

出来るだけ洗髪後など、頭皮が清潔な状態で使用するようにしていた。(36歳/女性/専業主婦(主夫))

リアップ自体がかなりの金額なので丁寧に塗布しています。(70歳/男性/無職)

他の育毛剤との兼用や、頭皮に傷ができたときは使用を避けています。(47歳/男性/正社員)

【質問】
どんなところに気を付けてリアップを使用していますか。

【調査結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年06月21日~2017年06月28日
有効回答数:111サンプル

医薬品ということもあって、副作用を予防するために使いすぎは避けるなど取扱説明書通りの使い方を心がけている人が多いようです。またリアップの発毛効果を高めるために頭皮マッサージをする、清潔な頭皮に塗るようにしているという人も多くいました。
リアップを安全に、効果的に使うために、さまざまな工夫をしている人が多いことがうかがえます。

#リアップするなら洗髪後!清潔な頭皮に使うべし
リアップは外用薬ですので、頭皮に薬剤を直接塗るというのがその使い方になります。取扱説明書や公式サイトにも正しい使い方として、朝と晩の2回、規定量を専用のノズルから頭皮に直接塗り広げるように指示があります。ただし回数さえ守ればいいのかというとそういうわけではありません。リアップにはその効果を引き出すために最適なタイミングがあるのです。具体的には洗髪後です。
頭皮が汚れた状態では毛穴からリアップの有効成分が頭皮に浸透しづらくなるため十分な発毛効果を引き出せません。またリアップを塗った直後に髪を洗ってしまうとせっかく塗った薬剤が流れてしまいます。
もしリアップを塗るのであれば洗髪後、清潔な状態の頭皮に使うようにしましょう。頭皮は皮脂の分泌量が多いため、毛穴が詰まりやすい部位です。洗髪後、毛穴づまりをすっきり洗い流した状態でリアップを使用することで有効成分を頭皮に効率よく届けることができます。
夜に塗るのであれば洗髪を終えてお風呂から出たタイミング、朝に使うのなら夜に塗ったリアップによるベタつきを洗い流してから塗るようにしましょう。リアップを塗った後しばらくの間は、薬剤が流れてしまわないように頭を濡らさないようにします。汗をかくような激しい運動などは避けるのがおすすめです。
頭皮環境を整え、発毛・育毛を促すという意味でも頭皮の衛生状態は大切です。シャンプーのやり方を見直す、髪を自然乾燥させないなど頭皮をつねに清潔な状態に保つよう心がけましょう。

#ドライヤーのタイミングはどうする?リアップの正しい使い方
リアップを塗るなら洗髪後、それもドライヤーで髪を完全に乾かしてからがおすすめです。髪が濡れた状態でリアップを塗ってしまうと、髪の水分で薬剤が流れてしまったり、濃度が薄まってしまったりするリスクがあります。乾いた状態の頭皮に使うのがリアップの正しい使い方です。
ドライヤーというと頭皮に悪そうと思う人もいるかもしれませんが、髪や頭皮の健康を考えると自然乾燥の方が危険です。濡れた状態の頭皮は雑菌が繁殖しやすいため、あまり衛生的とはいえない状態です。自然乾燥だとドライヤーにくらべて頭皮が乾ききるまでにどうしても時間がかかります。ドライヤーを使い、早く乾かしてしまった方が頭皮の健康のためにはよいのです。
ドライヤーを使うときは次のような使い方をすると頭皮への負担を減らせます。あらかじめタオルドライを行い、髪や頭皮の水分を取り除いておきます。そうすることでドライヤーを使う時間も短くて済み、熱によるダメージを最小限に抑えることが可能です。
ドライヤーで乾かすときは髪や頭皮から20cmほどドライヤーを離し、髪にまんべんなく熱風をあてていきます。ドライヤーと髪や頭皮の間隔を十分に置き、1カ所に熱風を集中してあてないようにすることで、髪や頭皮の温度が上がり過ぎるのを防げます。弱風を使い、じっくりと乾かすようにするとより頭皮に優しく髪を乾かすことができますよ。
8割方髪が乾いたら、今度は熱風から冷風にドライヤーを切り替えて仕上げます。最後に冷風を使うことで頭皮のほてりを取りつつ、髪の表面を整えることができます。
髪や頭皮が完全に乾いているのを確認したら、ここでいよいよリアップを塗っていくことになります。

#リアップするならマッサージも習慣化!効果を高める使い方
リアップの効果をより引き出すような使い方をしたいのであれば、頭皮マッサージを習慣化するのがおすすめです。頭皮マッサージには頭皮の血流を改善する効果が期待できます。頭皮の血流が良くなれば毛根に栄養が行き渡りやすくなりますし、リアップの成分も効率よく浸透させられます。頭皮環境改善、発毛・育毛の促進に効果的です。
ただ頭皮の健康のためにはとてもよい頭皮マッサージですが、リアップを使っている人はマッサージのタイミングに注意が必要です。リアップの効果を高めるためマッサージをしながらリアップをつけたり、リアップ後にマッサージを行ったりしている人もいるかもしれません。しかし実はこれはリアップの使い方としてはNGです。
リアップの有効成分ミノキシジルが浸透するまでには数時間かかります。そのためリアップを塗った直後にマッサージを行ってしまうと、髪や指に薬剤がついてしまい頭皮中のミノキシジル濃度が低下してしまうのです。
したがって頭皮マッサージを行うのであればリアップをつける前が正解です。洗髪後タオルドライをしてから指の腹で頭皮をよくもみほぐし、それからリアップをつけるようにします。あるいはシャンプーで髪を洗うときに、シャンプーの泡でマッサージをしてもよいでしょう。
マッサージをするときは下から上に向かって、円を描くように、あるいは手をジグザグに動かしながら頭皮を優しくもんでいきます。爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、マッサージをするときは必ず指の腹で行うようにしましょう。

#リアップは朝夜2回!説明書の指示は厳守で
リアップは朝と夜の1日2回、規定の量を清潔で乾いた状態の頭皮に直接塗り込んで使うということになっています。これはミノキシジルの濃度をつねに一定に保つためです。
確かにリアップは高価な製品ですし、使用後に髪のベタつきやごわつきが気になる場合もあります。毎月の薬代を節約したい、日中頭がべたついた状態で過ごしたくないなどの理由から、夜だけリアップを使いたいと思う人もいるかもしれません。
ただミノキシジルの吸収は長くても5時間ほどで終わってしまいます。就寝前に塗ったリアップの成分は、寝ている間にすべて吸収されてしまい朝にはまったく残っていない状態です。そのため夜だけではなく、朝にもう一度つけ直すということになっているのです。リアップの発毛効果を実感したいのであれば、やはり朝と夜の2回塗るのがおすすめです。
リアップは朝と夜の2回、規定量を塗れば頭皮全体をカバーできるように設計されています。リアップを塗る回数を3回以上に増やしたり、1回に塗る量を多くしたりしても効果はあまり変わりません。むしろ副作用が出るリスクを高めてしまいます。
医薬品であるリアップは医薬部外品や化粧品と比べると強力な効果が認められている代わりに、副作用のおそれも高くなっています。リアップで出る可能性のある副作用としては、頭皮のかゆみや発疹といった頭皮の異常のほか、むくみやめまい、胸痛、頭痛などが挙げられます。これはミノキシジルがもともと血圧の薬として開発された成分で、血圧を下げる作用を持つためです。
リアップのような外用薬タイプのミノキシジルは内服薬にくらべて副作用が起きづらいとはいわれていますが、それでも一定のリスクはあります。安心してリアップを続けるためにも取扱説明書にある用量・用法は守りましょう。

#正しく使って最大の効果を引き出そう
リアップの発毛効果を活かすためには使用上の注意点や取扱説明書の指示を確認し、そのとおりに使うことが大切になります。リアップは朝と晩1日2回、あらかじめ決められた用法や規定量にしたがって塗ることで初めて十分な効果を発揮します。使用回数や量が少なすぎると発毛効果が出づらくなりますし、使いすぎは逆に副作用の出るリスクを高めます。安全に、効率よく育毛・発毛を進めるためにも、正しい使い方を知ることが重要です。