リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2017年9月28日

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

リアップは国からもその効能が認められた発毛剤です。実際購入を検討している人、すでに使ったことがある人もいるのではないでしょうか。
入手自体は簡単とはいえリアップは高価な製品です。せっかく使うのであれば効果を最大限に引き出したいですよね。それにはまず正しい使い方を覚えることが大切になります。リアップ使用時ドライヤーをかけるタイミングを考えるのもその1つです。リアップを使うなら髪を乾かす前、それとも後?リアップ愛用者の気になる疑問に答えます。

#育毛剤や発毛剤は髪を乾かした後に付ける?
髪を洗った後に育毛剤や発毛剤を使っている人も多くいるでしょう。ただ髪を乾かす前に使うべきなのか、それとも乾かした後に使うべきなのか迷ってしまうこともありますよね。育毛剤・発毛剤を使っているみなさんは実際どのようなタイミングで薬剤を塗っているのでしょうか。全国の男女を対象にアンケート調査を実施しました。

【質問】
育毛剤や発毛剤は髪を乾かしてから使用しますか?

【回答結果】
はい:96
いいえ:50

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年06月21日~2017年06月28日
有効回答数:146サンプル

##「髪を乾かしてから」と答えた人がやや多い?
調査の結果、髪を乾かしてから発毛剤・育毛剤を塗っていると答えた人が回答者全体の約6割を占めることがわかりました。

髪が濡れたままの状態だと上手く頭皮に染み込まない気がするから。(25歳/女性/正社員)

説明書通りの使い方をしているので(27歳/男性/正社員)

乾かしてからの方が、育毛剤が薄まらずに、きちんと浸透すると思ったので。(40歳/男性/正社員)

説明書に「髪を乾かしてから」と指示されているケースもあるようですね。
一方、「髪を乾かす前に使用する」と答えたみなさんについてはどうでしょうか。

髪の毛が濡れたまま使用するのが正しいと思っていたから。(33歳/女性/主婦)

育毛剤を塗ってから乾かすようにしています。(24歳/男性/正社員)

生乾きの状態の時の方が効果がありそうな気がするので、まだ乾ききっていないときに使用する。(48歳/女性/主婦)

髪を乾かす前に育毛剤・発毛剤を使っている人の場合、「髪が濡れたままの状態の方が効果がある」と考えてあえてそうしている人も多いようです。

育毛剤・発毛剤を使うタイミングについては、洗髪後に限っても個人差があります。それではリアップの場合はどのようにするのがよいのでしょうか。ここから先の段落で詳しく見ていくことにしましょう。

#リアップは乾いた頭皮に直接付ける
取扱説明書によると、リアップは清潔な乾いた頭皮に直接使用するということになっています。つまり少なくともリアップに関しては洗髪して髪を乾かした後に使うのが正解です。髪や頭皮が濡れていると薬剤の効果が弱まるリスクがあります。リアップの有効成分であるミノキシジルの浸透には時間がかかるため、髪が濡れていると頭皮の水分で浸透する前に流れ落ちてしまうのです。
また濡れた髪や頭皮は育毛にも悪影響を与えます。雑菌が繁殖して頭皮環境が悪化し、抜け毛などの頭皮トラブルを招く原因になるのです。リアップを使う前は必ずドライヤーで髪をしっかり乾かすようにしましょう。ドライヤーというと頭皮に悪いと思う人もいるかもしれませんが、衛生面を考えると自然乾燥させるよりも頭皮に優しいです。洗髪後はドライヤーですばやく髪を乾かし、頭皮を清潔に保ちましょう。

#リアップを使用する正しい手順
洗髪後、リアップを使用する正しい手順は次のとおりとなっています。
まずタオルドライで髪の水分を簡単に取り除きます。タオルで髪の毛を挟むようにして頭皮や髪の水分を取っていきましょう。このとき髪や頭皮を傷つけないよう、頭をゴシゴシとこすらないように注意します。
タオルドライが終わったらドライヤーで髪を乾かします。髪をかきわけ頭皮に直接風が届くようにドライヤーをかけましょう。最初は温風をまんべんなく吹きつけ、8割くらい乾いたら冷風に切り替えます。ドライヤーの冷風で髪の毛の表面を引き締めつつ、頭皮のほてりを取ります。
頭皮のほてりが取れたら、規定量のリアップを容器のノズルを使って薄毛の気になるところに直接塗っていきます。成分が薄まるのを防ぐために、指で塗り広げないように注意しましょう。
リアップが頭皮に行き渡ったら自然乾燥で薬剤を乾かします。

#ドライヤーを使用する時の注意点
濡れた状態の頭皮は雑菌が繁殖しやすいため、洗髪後はドライヤーで髪を早く乾かす必要があります。ただドライヤーも使い方を間違えると頭皮や髪が高温になりすぎ、熱ダメージを受けてしまいがちです。
そこでドライヤーを使うときは次のようなことに注意する必要があります。
1つ目はタオルドライで水分を拭き取ってからドライヤーをかけることです。タオルで水気を吸い取っておくことで、短時間のドライヤーで髪が乾きます。
2つ目は高温になりすぎないようにすることです。ドライヤーから頭皮や髪に伝わる温度が高くなりすぎると髪や頭皮が傷んでしまいます。温風を当てるときはドライヤーと頭皮の間を20cmは離し、頭皮が熱くなりすぎないように注意しましょう。
3つ目は一気に乾かそうとしないことです。根元から毛先に向かってドライヤーを常に動かし、まんべんなく乾かします。1点に温風を集中させると頭皮や髪が高温になりがちです。
4つ目はできれば弱風で乾かすことです。弱風で乾かすと時間はかかりますが頭皮には優しいです。ドライヤーをうまく扱う自信のない人も頭皮に負担をかけずに髪を乾かせます。

#乾いた髪&頭皮にリアップを使おう
リアップを使うとき、髪が濡れたままの状態になっていると頭皮中のリアップの濃度が薄まってしまいます。発毛効果を実感するためにも、必ず乾いた清潔な頭皮に使うようにしましょう。
洗髪後タオルドライとドライヤーで完全に乾かしてからリアップを塗っていきます。頭皮が濡れていると雑菌が繁殖しやすくなるため育毛にとってもマイナスです。「ドライヤーは頭皮に悪いのでは」と思われる人もいるかもしれませんが、自然乾燥ではなくドライヤーで早く乾かした方が結果的に頭皮への負担を減らせます。