リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
リアップ 2017年10月26日

リアップとプロペシアは併用してもいい?どんな作用があるの?


AGA治療は内服薬だけではなく、外用薬と併用するのがより効果的とされています。医師から処方される内服薬の代表的存在といえるプロペシアと、市販されている日本唯一の発毛剤として知られているリアップ。これらにはそれぞれどれだけの発毛効果があるものなのでしょうか。また、併用してAGA治療を施した場合、どのように作用するのか、どれだけの効果が見込めるのか気になりますよね。今回は、その効果の詳細について解説していきます。

ミノキシジル配合薬リアップで発毛効果が期待できる理由

大正製薬が販売しているリアップは日本で唯一の発毛剤として有名な商品ですが、なぜ発毛効果が期待できるのかというと、その秘密は配合されている成分にあります。リアップに含まれているミノキシジルという成分は血行を促進し、発毛を促してくれる効果を持つのが特徴です。血行がよくなれば、毛髪や頭皮に栄養が行き渡りやすくなり、乱れてしまったヘアサイクルの改善ができます。それによる影響で新しく毛髪が生えるのを促してくれるというわけです。
オーソドックスタイプのリアップの場合はミノキシジルの配合量が1%ですが、リアップX5プラスには5%のミノキシジルが配合されているのでさらなる効果の高さに期待できます。また、この商品の場合はミノキシジルだけではなく、皮脂の過剰分泌を抑えてくれるピリドキシン塩酸塩、皮脂の酸化を防いでくれるトコフェロール酢酸エステルといった成分も配合されているのが特徴です。これらの有効成分により頭皮環境を整えてくれるので、よりよい環境で毛髪の成長を促進することができます。

プロペシアでも発毛効果が期待できる理由

プロペシアはAGAの症状が起こる主な原因であるジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉のホルモンを抑制する効果があります。厳密にいうとDHTではなく、DHTを生成する5α-リダクターゼの働きを阻害するのがプロペシアの主な効果です。発毛効果を得られるというよりは、AGAの症状が起こる根本の原因を断つことを目的としています。そうすることで、抜け毛や薄毛の進行を抑えられるのです。DHTによるAGAの深刻化が和らげば、必然的に弱ってしまった毛髪を復活させられます。
5α-リダクターゼの量が多ければ多いほどAGAの症状が出やすいといわれていますが、その量には個人差があります。基本的には遺伝やホルモンバランスといった体質の問題によって5α-リダクターゼの量は決まりますが、プロペシアを使って早めに対策をすればAGAの深刻化は避けられるでしょう。症状が既に深刻で、もう二度と毛髪が生えてこないような毛穴の状況でもない限りは発毛効果への期待は高いといえます。

リアップとプロペシアの併用はクリニックでは一般的?

リアップはミノキシジルによる血流の促進、プロペシアは5α-リダクターゼを阻害するので、同じ発毛効果を目的としているものでも作用の仕方は全く異なります。だからこそ、どちらか一方だけを選んで使うよりは、併用するのがより効果的です。AGAの進行の度合いにもよりますが、日本のAGA治療を専門としたクリニックでは実際に内服薬の処方だけではなく、外用薬との併用を勧めているのが一般的です。
一緒に使うことで身体に何かしらの害を及ぼすわけではありませんから、そこは安心していいでしょう。強いて問題視すべきポイントを挙げるならば、費用面の問題があります。プロペシアを処方してもらうための診療代や薬代だけでも自由診療のため高額になりますが、リアップも決して安いとはいえません。内服薬と外用薬はどちらも継続が不可欠なものですから、長期間に渡って費用がかさんでしまうのがネックとなるのは確かです。

個人輸入を使えばリアップとプロペシアを安く併用できる

リアップはミノキシジル配合薬で、日本国内で唯一の発毛剤ですが、海外にはミノキシジルが配合されている発毛剤は数多く販売されています。日本のリアップよりも安いものも多いです。さらにいえば、リアップ以上にミノキシジルが多く配合されている商品も出回っています。プロペシアに関しても、こだわりがなければジェネリック薬であるフィナロイドを代わりに服用するという手段もあります。このような方法を取れば、リアップとプロペシアを併用し続けるより格段に安く継続することは可能でしょう。
ただ、どのような副作用があるかはっきりしない場合がありますし、処方薬でない限りは医師に安全を保証してもらうこともできません。また、海外から輸入した場合には正規品ではなく偽造品だったというケースも珍しくありません。何が入っているかわからない偽造品を服用すると効果を得られないばかりか、健康を害するおそれもあります。このような事態を招かないためには、最初はクリニックに通って正しい用量を把握してから輸入品に切り替える、信頼のおける代行業者を通して購入するといった工夫が必要です。

AGA治療のために、リアップとプロペシアを併用する?

AGAを解消するために外用薬と内服薬の併用をするのが一般的であることは先述しましたが、実際のところはどれくらいの割合で一緒に使うものなのでしょうか。毛髪の悩みを抱えている男性を対象に、AGA治療で薬を併用したいと思うかどうかについてのアンケートを実施しました。

【質問】
AGAによる脱毛を治療するなら頭皮に塗る外用薬と内服薬を併用したいと思いますか?

【回答数】
思う : 76
思わない : 53

調査地域:全国
調査対象:【性別】男性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2017年07月21日~2017年07月28日
有効回答数:129サンプル

効果の高さに期待!併用したい派が過半数!

AGA治療において外用薬と内服薬を併用したいという意見が過半数を超える結果となりました。

・効果が高まるというなら、併用してみたいと思う。(30代/男性/正社員)
・併用した方が効果は早く出るように思うからです。(20代/男性/正社員)
・医療機関で処方されているならば試してみたいと思います。(50代/男性/公務員)

主に併用したほうが発毛効果は高まりそう、あるいは早く効きそうといったイメージを抱いているようです。また、医療機関で処方されるならという条件付きで興味を持っている人もいました。

・両方併用すると悪い副作用が出そうだから。(30代/男性/正社員)
・肌が弱いので内服薬だけの方がいい。(40代/男性/個人事業主・フリーランス)
・内服は体に入れるものなので慎重になりたい。(40代/男性/公務員)

併用したいと思わない人の意見として多かったのは副作用が気になるからというものでした。外用薬と内服薬両方を使うことでより深刻な副作用に見舞われるイメージを抱いてしまうようです。また、細かな理由はそれぞれではあるものの、併用ではなく、内服薬か外用薬のどちらかだけを使いたいという意見も少なくありませんでした。

AGA治療のために内服薬と外用薬の併用がしたいと答えた人のほうが多かったものの、反対意見も少なくありませんでした。併用したほうが効果は高いと考えている人は目立っていましたが、一方で副作用のリスクを懸念している傾向にあるようです。安全性が約束されているのであれば、併用したくなる人は増えるかもしれませんね。

リアップとプロペシアを併用するならジェネリックや個人輸入を使おう

外用薬のリアップと内服薬のプロペシアはそれぞれ作用の仕方が異なりますから、併用しても特にそれで問題が起こるということはありません。むしろ別々の作用によって高い効果を期待できる効率的な手段といえます。AGA治療のために併用し続けるには費用面の問題がありますが、個人輸入やジェネリックの利用で対策が可能です。どんな方法で治療するにしても安全の確保は欠かせないため、確実に安心できる方法で治療薬を併用してみることをおすすめします。

詳しくは、リアップはAGA対策になる?得られる効果と併用の手段まとめをご参照ください。

こちらの記事もおすすめ


リアップに含まれている成分と期待できる効果をご紹介!

リアップの正しい使い方…ドライヤーを使用するタイミングは?

発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?